映画【トップガン】フル動画を無料視聴!ネタバレ感想もチェック!

映画【トップガン】は、1986年に公開されたアメリカ海軍の戦闘機パイロットの青春群像を描いた航空アクション映画です。

主演を務めたトム・クルーズは、この作品を機に一役トップスターの仲間入りを果たした事から、出世作とも言われています。

また気になる続編【トップガン マーヴェリック】の公開予定日は、コロナの影響で、2020年12月25日(金)から、2021年7月2日(金)へと延期となっています。

参考:映画『トップガン マーヴェリック』公式サイト

 

映画【トップガン】フル動画無料視聴出来る公式サイトはU-NEXTです。

初回登録31日間の無料トライアルを利用する事で、無料視聴が可能となります。

U-NEXTを利用するには、3ステップの簡単な会員登録が必要です。

U-NEXTの内容確認や無料登録ができます。

U-NEXT

 

初回登録は31日間の無料トライアル付き。

期間中に解約すれば課金はされません。

 

登録と解約の手順はコチラの記事を参考にどうぞ。

関連記事:U-NEXT登録&解約のカンタンな方法

 

映画【トップガン】の見どころポイント

この映画の一番の見どころは何と言ってもスカイアクションです。
戦闘機F-14トムキャットによるドッグファイトは臨場感たっぷりで、アクション好きには生唾ものの映像です。
トップガンはトム・クルーズの世界的ブレイク作品で、後のミッションインポッシブル・シリーズに通ずるトム・クルーズのアクション作品の原点とも言えるでしょう。
世界最強の戦闘機パイロットを要請する米軍の訓練所(通称・トップガン)で、若き日のトム・クルーズが血気盛んなパイロットを演じています。
全体的には訓練生たちの友情や挫折を描いた青春群像劇で、トム・クルーズが恋してしまう女性教官を演じるケリー・マクギリスも、いかにも80年代のアメリカ女性という雰囲気たっぷりで、とても魅力的です。

ここが見どころダヨ

 

また記事後半では、あらすじキャスト等の作品情報や、みんなの感想・ネタバレ情報なども紹介していますので、併せてチェックしてみて下さいね。

映画【トップガン】の国内興行収入・比較

 

映画【トップガン】の平均視聴率を他の有名なドラマと比較してみました。

<参考>国内興行収入・比較
作品名興行収入
映画【トップガン】70.9億円
美女と野獣(2017)124億円
劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命93億円
祈りの幕が下りる時15.9億円
メン・イン・ブラック インターナショナル10.3億円

 

映画【トップガン】のフル動画を視聴デキる動画配信サービス

 

映画【トップガン】を視聴可能な動画配信サービスを確認してみました。

配信状況チェック表/2021年1月1日 現在
配信サービス名配信状況無料期間月額料金(税込)視聴期限
FODプレミアム2週間¥976 
Paravi2週間¥1,017 
hulu2週間¥1,026未定
TELASA15日間¥6182021/03/02
U-NEXT31日間¥2,189未定
Netflixナシ¥880 ~¥1,980未定
dTV31日間¥550未定
AmazonPrimeVideo30日間¥550(¥4,896/年)未定
TSUTAYA TV30日間¥1,026 2021/09/30
◎=見放題 ▲=レンタル ☓=配信ナシ
※ レンタル作品はポイントを利用して視聴できます。

 

違法アップロード動画について
当サイトでは法的モラル、ウィルス感染リスク、劣悪品質などの観点から、動画投稿サイトでの無料視聴は推奨していません。

違法アップロードの詳しいリスク解説は、こちらの記事を参考にしてください。

違法アップロードサイトは視聴も違法で見てはいけない?理由と著作権や刑事罰をチェック!

映画【トップガン】全話を無料視聴する方法

映画【トップガン】のフル動画を視聴出来るオススメの公式サイトはU-NEXTです。

U-NEXTの内容確認や無料登録ができます。

U-NEXT

※ 期間中に解約すれば課金ナシ。

その他、これらの動画配信サービスでも観ることが出来ます。

 

hulu

TELASA

U-NEXT

Netflix

dTV

AmazonPrimeVideo

TSUTAYA TV

U-NEXTは他の動画配信公式サイトと比較して月額料金が高いという意見もたまに目にしますが、そのサービス内容は他の公式サイトとは比べ物になりません。

しかも、31日間の初回無料トライアルを利用すれば、気になる作品を無料視聴出来てしまいますよ。

U-NEXTお勧めポイント
  • 初回登録は『31日間の無料トライアル』付き。
  • 無料期間中に解約すれば、お金が掛からない。
  • 登録・解約の作業が簡単
  • 月額1,990円(税抜)でお得に楽しめる。
  • 毎月1200ポイントが貰え課金対象サービスに使える。
    (無料期間は600ポイントです。)
  • ポイントでNHKオンデマンドも楽しめる。
  • ポイントで提携映画館の「映画引換クーポン」を発行して映画館で鑑賞できる。
  • 最新映画はレンタル同時配信。
  • 課金した場合は最大40%のポイントバック。
  • 配信動画は見放題20万本超、レンタル2万本超。
  • 漫画26万冊超、ラノベ4万冊超、一般書籍22万冊超、雑誌80誌超。
  • 1契約4アカウント可能だから家族で楽しめる。
    (月額料金 ÷ 4人=一人500円と解釈もできる。)
  • R指定やアダルトを非表示設定できる。
  • ダウンロード可能だからWiFi無しでも視聴できる。

 

~私のU-NEXT体験談~

私がU-NEXTに登録した理由もちろん、観たい映画がたくさん揃っていたからです。
登録した時点から視聴できたので、子供のように喜んだ記憶があります。(恥)
それと、WiFiがあればスマホでイツでもドコでも観ることが出来て重宝します。
ランチや時間潰しなどは、いつも好きなドラマやアニメ、映画などを観ながらなので1~2時間なんてアッという間◎(笑)
更にダウンロードも可能なので、WiFiが厳しい新幹線などで移動の時も、ゆったりと映画作品を楽しんでいます。
それと、アカウントを4つまで作れるから家族ミンナで利用しています。

私の体験談

映画【トップガン】の作品概要とキャスト・スタッフ

ここからは映画【トップガン】の関連情報になります。

まずは作品概要から。

「トップガン(Top Gun)」とは、1969年3月に創立されたアメリカ海軍戦闘機兵器学校のことで、エリート戦闘機パイロットの上位1パーセントのパイロット達の空中戦技を指導するために創られた養成機関である。

本作の製作当時は劇中の通り、カリフォルニア州サンディエゴ近郊のミラマー海軍航空基地(Naval Air Station Miramar)にあったが、1996年にネバダ州のファロン海軍航空基地へ移転している。

製作にはアメリカ海軍が全面協力し、ミラマー海軍基地や空母「レンジャー」内で撮影が行われた(作中では「エンタープライズ」として登場している)。

また、俳優達はF-14トムキャットの後席で体験訓練飛行をした。

 

引用:Wikipedia

次はキャスト・スタッフ情報です。

キャスト

ピート・”マーヴェリック”・ミッチェル 海軍大尉 – トム・クルーズ
シャーロット・”チャーリー”・ブラックウッド – ケリー・マクギリス
トム・”アイスマン”・カザンスキー 海軍大尉 – ヴァル・キルマー
ニック・”グース”・ブラッドショウ 海軍中尉 – アンソニー・エドワーズ
マイク・”ヴァイパー”・メットカーフ 海軍中佐 – トム・スケリット
リック・”ジェスター”・ヘザーリー 海軍少佐 – マイケル・アイアンサイド
ビル・”クーガー”・コーテル 海軍大尉 – ジョン・ストックウェル
レオナルド・”ウルフマン”・ウルフ 海軍中尉 – バリー・タブ
ロン・”スライダー”・カーナー 海軍中尉 – リック・ロソヴィッチ
サム・”マーリン”・ウェルズ 海軍中尉 – ティム・ロビンス
マーカス・”サンダウン”・ウィリアムズ 海軍中尉 – クラレンス・ギルヤード・Jr
リック・”ハリウッド”・ネヴン 海軍大尉 – ウィップ・ヒューブリー
トム・”スティンガー”・ジャーディアン 海軍中佐 – ジェームズ・トールカン
キャロル・ブラッドショウ – メグ・ライアン
チャールズ・”チッパー”・パイパー 海軍大尉 – エイドリアン・パスダー

 

スタッフ

監督 トニー・スコット
音楽 ハロルド・フォルターメイヤー
   ジョルジオ・モロダー
脚本 ジム・キャッシュ
   ジャック・エップス・Jr
製作 ドン・シンプソン
   ジェリー・ブラッカイマー

 

 

引用:U-NEXT

映画【トップガン】のあらすじ

エリートパイロット養成機関「トップガン」入りを果たしたマーベリック。

女性教官・チャーリーとの恋、相棒・グースの死などを経て成長を遂げた彼は、緊急出撃命令を受けてF-14に乗り込み、ライバルのアイスマンらとともにインド洋上へ向かう…。

 

引用:U-NEXT

映画【トップガン】を観たミンナの感想(ネタバレあり)

 

40代男性

オープニングのF14の発進シーンから圧倒されました。
アメリカ軍全面協力があったと言われるこのシーン。
縦横無尽に高機動で飛ぶ本物のF14の映像に、これから始まる物語への期待が膨らんだことは言うまでもありません。
トムキャットをはじめとする戦闘機、MA1とレイバンの服装、カワサキGPZ900とポルシェ356と、視聴者を惹き付ける派手さが散りばめられていました。
特に、空母艦上でアフターバーナーを点火して発艦するトムキャットや、夕闇にGPZ900を走らせる場面なども大変印象に残っています。
キャスト陣のファッションは、革ジャン、サングラス、白シャツ、ジーンズ、バイク…THE80年代スタイルで、飾ってはいないけどどこか憧れてしまう着こなしが、今見ても真似をしたくなってしまいます。
このようにファッションにも注目してもらいたい作品でした。
他には、友の死を乗り越えて復活するシーンが感動的でした。
女上官と恋…
親愛なる友の死からの挫折…
手に汗を握る飛行戦闘シーン…
映像の迫力というだけでなくストーリー感にも溢れていて、見所満載の作品だと思います。
サウンドトラックも気に入り過ぎて、何度聞いた事かわかりません。
公開当時を知る人は、みんな競って米空軍の真似していて思い出深いと話していました。
そのように、多くの人の心に刻まれる映画となるでしょう。

30代女性

80年代音楽の底抜けに楽しい感じが好きですが、それにトム・クルーズの爽やかさや迫力のスカイアクションが融合して、今観ても全然色褪せない魅力に溢れた作品だと思いました。
サントラはドライブの際に聞きたいと思い、ついつい購入してしまいました。
肝心の内容も、友情、恋愛、ライバル、挫折、葛藤、成長…青春映画のフォーマットが全て詰まっているかのような作品です。
世界中の人々を熱狂させるような物語の要素が全て詰まっていて、だからこそ惹き付けられてしまうのだと思います。
また、誰もが感情移入できるシンプルなストーリーになっていて、公開から30年以上経った現在でも人気なのは頷けます。
紡がれる映像の全ても感動的で、非の打ち所が無いなと思いました。
空母からのF-14の発艦シーン、ミグとF-14の空中戦を観ただけで「この映画は絶対に面白い!」と確信が持てました。
戦闘機の撮り方は、その様な事にあまり興味のない女性の私から見ても純粋にカッコいいなと思えました。
スカイアクションシーンも目まぐるしくアングルが変わっていて、実際に乗り組んでいるかのような圧倒的な視覚体験でした。
今でいうVRのような感覚だと思います。
スピード感もあり、終始釘付けになってしまっていました。

40代男性

この作品の存在については昔から知っていたのですが、今までなかなか観る機会がなく来てしまいました。
公開から30年の時を経た今になって初めて観たのですが、歳を重ねた今という事もあってか、これほどまでに素晴らしい作品だったとは思いませんでした。
もっと早い時期に観ていたら、もしかしたら自分の人生がその時から少し変わっていたかもしれないと思ってしまうほどでした。
ラブシーンがあり、悲しい死があり、それで終わりかと思いきやまだまだ続くストーリー。
次第に感情移入しながら観てしまっていました。
運命は自分で選ぶ。
たとえそれが死に繋がるものだったとしても、自分で摘み取り、それでもやっぱり現実から逃げずに生きていく。
主演のトム・クルーズ演じるマーヴェリックは、始めは少しチャラい役だと思っていましたが、その生き方がカッコよくて感動してしまいました。
映像技術が発達してきた今観てみても、空写のところはリアルそのもの。
現代のCGなんてとても太刀打ちできないような映像だと思いました。
この映画を観て、忘れかけていた果敢に挑戦する気持ちを思い出し、何だか心がだいぶ若返ったような気さえします。
それだけでも観て良かったと思える作品です。

40代女性

やっぱり格好良いですね。
もう『デンジャー・ゾーン~TOP GUN THEME』の流れるオープニングだけでも満足してしまいました。
というのも、実は映画よりも、ケニー・ロギンスが歌うこの曲の方を先に知り気に入っていたからです。
あまりに良かったので映画も観てみると、やはり私好みのものでした。
曲も映画を観る以前より更に頻繁に聞くようになった気がします。
本編はオープニングの勢いそのままで、恋愛などのストーリーもテンポ良く進んでいきました。
噂には聞いていましたが、戦闘シーンでのスピード感はもの凄いものがありますね!
そして迎えてしまったグースの死。
周囲の判断で責任は無いとなっても、親友の死の責任を感じるマーベリックには、心が締め付けられる思いになりました。
そんなマーベリックに対して色んな立場の人がそれぞれの言葉で慰めますが、私がその中で思わず涙腺を刺激されたのが、親友の妻の言葉でした。
「あなたがいなくても彼は飛ぶ」
もし、逆の立場になってもグースは飛行機を降りないと思うと伝える事で、マーベリックにパイロットを続ける道を示唆した奥様は優しく、そして強い人だなぁと、感動して泣いてしまいました。
他にも色んな人の言葉をもらい立ち直っていくマーベリックの姿も見どころの一つです。
ストーリーは王道ですが、とっても心に残る、アメリカらしい格好良い映画でした。

30代男性

この作品は、アメリカ空軍の協力を得て実際にF14を飛ばして撮影をしているだけに、飛行のシーンには大変リアリティがありました。
あの空中チェイスは、大迫力で今見ても古さを感じないものでした。
私が特に斬新だと思ったのは、敵方のパイロットが全く映らないことです。
表情が映るのは味方のパイロットのみでした。
このようにして意図的に敵方を黒子として扱っているからこそ、その分味方に感情移入できるようにしているのだ思います。
さすがトニー・スコット監督。
今まで見たことのない見せ方だったのでとても新鮮に感じました。
この迫力を、劇場で観て体感してみたかったなぁとも思いました。
30年以上も前という、今ほどの撮影技術も無い昭和の時代に、現代でも楽しめる映画を作るとは、トニー・スコット監督には先見の妙があったのだろうと思います。
監督が手掛けた他の作品もほとんど全部観てみたのですが、個人的には監督の出世作ともいわれるこの作品が一番だと思いました。
気に入り過ぎて、未だに時折観返しています。
まだまだたくさんの作品が観てみたかった…。
68歳という若さで亡くなってしまったことが、実に惜しいです。

20代女性

映画【トップガン】は私が生まれる前に公開された映画ではありますが、不思議とそんなに古さを感じませんでした。
大学で映画についての勉強をしていて、トム・クルーズさんの出演作品についてレポートをまとめていた時に偶然知った作品です。
ストーリーは簡単に言うと、トム・クルーズさんが演じるマーヴェリックが、恋をして、スランプに陥り、そして復活するという単純で分かりやすい内容で、繰り返し観ても飽きがこないような作品になっていると思います。。
そのストーリーのシンプルさも、いつの時代に観てもしっくりくる要因だったのかもしれません。
1人の男性が青年から、大人に向かって行く過程を明快に描いている映画だと思います。
正に今の私の世代のことを描いているような気がして、親近感さえ覚える部分もありました。
人間長く生きていれば誰しも仕事の失敗とか、恋愛等での様々な辛い経験をしてしまうと思います。
この作品は、特にそのような人生の壁にぶつかった人にこそ見てほしいです。
実際に、私も失恋をした時に観て少し前向きになるきっかけになりました。
それから周りの友達にもおススメしています。
この映画は、観た人の心を成長させ、前向きに生きる力を与えてくれると思います。

30代男性

まず初めに感じたのは、トム・クルーズが凄く若いうえにめっちゃカッコイイ!ということでした。
もちろん今の渋さも好きなのですが、若い頃は若い頃の魅力があって当時を知らなかった自分としては新鮮でした。
この作品は、理想を体現したような作品であり、男女共にハマってしまう作品だと感じました。
なぜなら、日本文化ではではあまり善しとされてこなかったようなアメリカンな自由な生き方が、まぶしすぎるほどに描かれているからです。
今まで古い映画を観る事はあまりなかったのですが、同じような時期の他の作品も観てみたいという気持ちになりました。
特にマーヴェリックがチャーリーと出会ったバーでの大合唱や、二人乗りのバイクで旅をするシーン、あとはみんなでピアノを弾いて幸せそうに歌うシーンはとても素敵で印象に残っています。
出演するたくさんのマッチョなイケメンの男性たちに惹かれる女性は、きっと少なくないと思います。
男性の立場からしても、型にハマらないあんなカッコイイ男になりたいしロマンチックに大恋愛をしたいとも思ってしまいました。
アメリカの80年代を象徴させるような映画になっていて、世代を越えて多くの日本人の憧れであり続けると思います。

20代女性

この作品に影響されて、戦闘機のパイロットになった方もいるんだろうなぁと思ってしまうほど、超エリートパイロットたちが戦闘機を操るシーンはカッコよかったです。
普段そういうものにはあまり興味のない女性の私ですら、瞬きするのも忘れて物語の世界に入り込んでしまいました。あっという間にエンディングをむかえてしまい、もっと観ていたかったという思いにさえなりました。
また、主題歌や挿入歌にもセンスが感じられました。
私が気に入っているのは登場人物たちが劇中で歌った、ジェリー・リー・ルイスの『Great Ball Of Fire』やライチャス・ブラザーズの『You’ve Lost That Lovin’ Feeling』です。
通勤途中よく聴いているのですが、朝からテンションを上げる事ができるし、これを聴くだけでそのシーンが脳裏に蘇ってきます。
特に会社で憂鬱な会議がある朝は、少しでも前向きな気持ちになりたいと、リピートして聴いています!
もちろん主題歌の『DANGER ZONE』も大好きです。有名な曲なので、この作品を観る前から聴いた事がありました。カッコいい戦闘シーンにもピッタリだと思います。
続編が公開予定との情報もあり、今から楽しみにしています!今度は劇場で観たいと思っています。

40代男性

続編が公開されると聞き、興味本位で観てみました。
脚本全体を通して、多くの困難を乗り越える主人公マーベリックの愛と友情と夢が詰まった映画という印象です
観る前は男ばかりの暑苦しい映画かと思っていたのですが、ケリー・マクギリス演じる年上の知的でセクシーな教官チャーリーの存在で鮮やかさもあり、一歩間違えれば命に関わるパイロット同士の友情は親友という枠を超えての絆があり、感動した場面がたくさんありました。良い意味で裏切られたと思います。
戦闘シーンが苦手な妻も、この作品は一緒に観て楽しめていました。
妻曰く、「戦闘機の扱いは上手いのに、女の扱いは不器用なマーベリックを演じるトム・クルーズが可愛い。」だそうです。
たしかに、作品の中盤までの屈託なく笑う少年みたいな笑顔が可愛らしくも感じました。
公開されたのが30年以上前ですから、ここまで長期に渡って映画界で活躍できているトム・クルーズって本当に凄いですよね。
女性にもおススメできる作品なので、カップルで観るのもいいかもしれません。
終わり方も前向きなので、観賞後にはなんとも言えない幸福感を味わうことができました。

20代男性

父親に勧められて観たのですが、キャストが大変豪華で驚きました。
メグ・ライアンやティム・ロビンスがちょい役で出ているなんて、贅沢な気持ちになってしまう映画です。
また、アイスマン役が自分の大好きなヒートに出ているヴァルキルマーだったり。
そして何といっても主人公マーヴェリック役を演じたトム・クルーズ。
自分は小柄な事がコンプレックスなのですが、マーヴェリックは同じように小柄でも怖いもの知らずで自信を持っていてカッコよかったです。憧れに近い感情を抱きました。
キャストをよく確認せずにこの作品を観始めたのですが、意外な方が出演されていたので、そういった意味でも楽しんで観る事ができました。
ストーリーは王道ですが、自分が好きなハッピーエンド。
どうやって撮ったのか不思議にさえ思える戦闘シーンも迫力があって、思わず手に汗を握りました。
主題歌も有名で、自分が生まれる前の映画だったにもかかわらず聴いた事がありました。
あのBGMも臨場感のある戦闘シーンに欠かせない演出だったと思います。
古い映画だと侮るなかれ。観終わった後に、スカッと晴れやかな気持ちになれる作品です。

 

U-NEXTの内容確認や無料登録ができます。

U-NEXT

 

初回登録は31日間の無料トライアル付き。

期間中に解約すれば課金はされません。

 

登録と解約の手順はコチラの記事を参考にどうぞ。

関連記事:U-NEXT登録&解約のカンタンな方法

「紹介している作品は、2020年12月時点の情報です。 現在は配信終了している場合もありますので、詳細はU-NEXT公式ホームページにてご確認ください。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です