映画【娼年】フル動画を無料視聴!ネタバレ感想もチェック!

映画【娼年】は、第126回直木賞候補作にもなった、石田衣良の恋愛小説が原作となっています。

主人公の大学生森中領役を演じたのは、松坂桃李。娼夫の仕事に誘う御堂静香役を真飛聖が務めました。

映画【娼年】フル動画無料視聴出来る公式サイトはU-NEXTです。

初回登録31日間の無料トライアルを利用する事で、無料視聴が可能となります。

U-NEXTを利用するには、3ステップの簡単な会員登録が必要です。

U-NEXTの内容確認や無料登録ができます。

U-NEXT

 

初回登録は31日間の無料トライアル付き。

期間中に解約すれば課金はされません。

 

登録と解約の手順はコチラの記事を参考にどうぞ。

関連記事:U-NEXT登録&解約のカンタンな方法

 

映画【娼年】の見どころポイント

耳が聴こえない謎の女性・咲良を演じた冨手麻妙は、この作品の舞台版のオーディションには落選してしまったのだとか。それでも諦めず映画版に再チャレンジをして抜擢されたこともあり、特に演技に熱が入っていたようです。

また、この作品のポスターには、夜の街に佇む主人公で“娼夫”のリョウの隣に「僕を、買ってください。」とコピーが添えられている事でも話題となりました。また、女性を抱いているリョウの横には「そして僕は、娼夫になった――」と記されており、観る前から空想を巡らせられる作品となりました。

動画配信サービス・ビデオマーケット(VideoMarket)の10月マンスリー視聴ランキングの映画部門で1位になるなど、実際にも大ヒットしています。また、江波杏子さんの遺作映画ともなり注目を集めました。

 

ここが見どころダヨ

 

また記事後半では、あらすじキャスト等の作品情報や、みんなの感想・ネタバレ情報なども紹介していますので、併せてチェックしてみて下さいね。

映画【娼年】の国内興行収入・比較

 

映画【娼年】の平均視聴率を他の有名なドラマと比較してみました。

<参考>国内興行収入・比較
作品名興行収入
映画【娼年】4億円
美女と野獣(2017)124億円
劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命93億円
祈りの幕が下りる時15.9億円
メン・イン・ブラック インターナショナル10.3億円

 

映画【娼年】のフル動画を視聴デキる動画配信サービス

 

映画【娼年】を視聴可能な動画配信サービスを確認してみました。

配信状況チェック表/2021/1/14 現在
配信サービス名配信状況無料期間月額料金(税込)視聴期限
FODプレミアム2週間¥976   未定
Paravi2週間¥1,017 
hulu2週間¥1,026 
TELASA15日間¥618 2023/03/31
U-NEXT31日間¥2,189 2021/06/29
Netflixナシ¥880 ~¥1,980 
dTV31日間¥550   未定
AmazonPrimeVideo30日間¥550(¥4,896/年)   未定
TSUTAYA TV30日間¥1,026 2068/07/31
◎=見放題 ▲=レンタル ☓=配信ナシ
※ レンタル作品はポイントを利用して視聴できます。

 

違法アップロード動画について
当サイトでは法的モラル、ウィルス感染リスク、劣悪品質などの観点から、動画投稿サイトでの無料視聴は推奨していません。

違法アップロードの詳しいリスク解説は、こちらの記事を参考にしてください。

違法アップロードサイトは視聴も違法で見てはいけない?理由と著作権や刑事罰をチェック!

映画【娼年】のフル動画を無料視聴する方法

映画【娼年】のフル動画を視聴出来るオススメの公式サイトはU-NEXTです。

U-NEXTの内容確認や無料登録ができます。

U-NEXT

※ 期間中に解約すれば課金ナシ。

その他、これらの動画配信サービスでも観ることが出来ます。

 

FODプレミアム

TELASA

dTV

AmazonPrimeVideo

TSUTAYA TV

U-NEXTは他の動画配信公式サイトと比較して月額料金が高いという意見もたまに目にしますが、そのサービス内容は他の公式サイトとは比べ物になりません。

しかも、31日間の初回無料トライアルを利用すれば、気になる作品を無料視聴出来てしまいますよ。

U-NEXTお勧めポイント
  • 初回登録は『31日間の無料トライアル』付き。
  • 無料期間中に解約すれば、お金が掛からない。
  • 登録・解約の作業が簡単
  • 月額1,990円(税抜)でお得に楽しめる。
  • 毎月1200ポイントが貰え課金対象サービスに使える。
    (無料期間は600ポイントです。)
  • ポイントでNHKオンデマンドも楽しめる。
  • ポイントで提携映画館の「映画引換クーポン」を発行して映画館で鑑賞できる。
  • 最新映画はレンタル同時配信。
  • 課金した場合は最大40%のポイントバック。
  • 配信動画は見放題20万本超、レンタル2万本超。
  • 漫画26万冊超、ラノベ4万冊超、一般書籍22万冊超、雑誌80誌超。
  • 1契約4アカウント可能だから家族で楽しめる。
    (月額料金 ÷ 4人=一人500円と解釈もできる。)
  • R指定やアダルトを非表示設定できる。
  • ダウンロード可能だからWiFi無しでも視聴できる。

 

~私のU-NEXT体験談~

私がU-NEXTに登録した理由もちろん、観たい映画がたくさん揃っていたからです。
登録した時点から視聴できたので、子供のように喜んだ記憶があります。(恥)
それと、WiFiがあればスマホでイツでもドコでも観ることが出来て重宝します。
ランチや時間潰しなどは、いつも好きなドラマやアニメ、映画などを観ながらなので1~2時間なんてアッという間◎(笑)
更にダウンロードも可能なので、WiFiが厳しい新幹線などで移動の時も、ゆったりと映画作品を楽しんでいます。
それと、アカウントを4つまで作れるから家族ミンナで利用しています。

私の体験談

映画【娼年】の作品概要とキャスト・スタッフ

ここからは映画【娼年】の関連情報になります。

まずは作品概要から。

原作は2001年の直木賞候補となった石田衣良の恋愛小説。

娼夫である主人公リョウと、様々な女性たちのセックスを美しい筆致で描きながら、女性たちの欲望、そしてその近くにある心の傷を優しく肯定する内容は大きな支持を得た。

2016年8月には三浦大輔演出、松坂桃李主演で舞台化。俳優陣が観客の目の前で一糸まとわず”表現”するというセンセーショナルな内容で話題騒然となり、全公演即ソールドアウトの伝説の舞台となったことも記憶に新しい。

そして遂に、三浦×松坂のコンビで原作を完全映画化。

観るものの感情を刺激し、最後には爽快感を感じる鮮烈な愛のドラマが誕生した。

 

引用:映画【娼年】公式サイト

次はキャスト・スタッフ情報です。

キャスト

 

松坂桃李
真飛聖
冨手麻妙
猪塚健太
桜井ユキ
小柳友
馬渕英里何
荻野友里
佐々木心音
大谷麻衣
階戸瑠李
西岡徳馬
江波杏子

 

スタッフ

 

原作 – 石田衣良「娼年」(集英社文庫刊)
脚本・監督 – 三浦大輔
音楽 – 半野喜弘 and RADIQ septet
製作 – 小西啓介、松井智、堀義貴、木下暢起
企画・プロデュース – 小西啓介
エグゼクティブ・プロデューサー – 金井隆治、津嶋敬介
プロデューサー – 永田芳弘、山野邊雅祥、藤原努、石田麻衣

 

引用:映画【娼年】公式サイト

映画【娼年】のあらすじ

主人公の森中領は東京の名門大学生。

日々の生活や女性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。

ある日、美しい女性がバーに現れた。女性の名前は御堂静香。

「女なんてつまんないよ」という領に静香は”情熱の試験”を受けさせる。

それは、静香が手がける会員制ボーイズクラブ、「Le Club Passion」に入るための試験であった。

入店を決意した領は、翌日から娼夫・リョウとして仕事を始める。

最初こそ戸惑ったが、娼夫として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていく

 

引用:映画【娼年】公式サイト

映画【娼年】を観たミンナの感想(ネタバレあり)

 

20代男性

リョウにとっての初めてのお客さんとのくだりは、見ていてとても引き込まれるものがありました。リョウが娼年になっていった必然性を、感じるものだったと思います。人生の悩みを抱えた人を受け容れるリョウは、本当に寛容だと思いました。
また、キャスト陣の体当たりの演技には目を見張るものがありました。皆さん妖艶な演技でしたが、特に主人公のリョウを演じた松坂桃李さんは、“こんな演技もするのか、すごいなぁ”と思って観ていました。体つきも美しかったと思います。あの鍛えられた背筋などは、女性だったら誰しも惚れてしまう要素なのではないでしょうか。
正直自分はこの作品をほんの軽い気持ちで見始めたのですが、予想以上に色々な事を考えさせられる作品でした。
普通で優しい人間は、周りから見ても魅力的に映るものなんだなというのが一番の感想。自分にもそんな優しさを持つ余裕が欲しいと思いました。
そして友達のホストが、
「お前は昼に普通に働ける人間なんだよ。」
と言っていたセリフが、とても印象に残りました。
個人的には、トップの男の子がトップである理由にも衝撃を受けました。
自分のようにこの作品を軽い気持ちで観始めたとしても、観終わった後に何か得るものがある作品になっていると思います。

20代男性

“普通”の人なんていない。
皆、なにかしら人に言えないような影の部分や欲望を抱えて生きている。
ということを、この作品を観て突きつけられたような気がしました。
そもそも“普通”とは何かということ自体人それぞれだと思うのですが、その“普通”ということに対する他の人との差がもどかしくも感じられました。この作品は、最終的にそれを壊していくようなストーリーだったと思います。
また、娼夫として生きることに意味を見出した、一人の人間の成長物語と言っても過言ではないと思います。生きることの意味が娼夫として生きることであって、ストーリーの流れとしてはスポーツとも似通っているような気さえしました。無気力から生きがいを見出した主人公が挫折して、立ち直って…という姿が観ていてグッときました。
出演されていた役者さん達一人一人の、今までにはあまりなかった思い切った演技を観る事ができる作品にもなっていたと思います。
特に、主人公のリョウを演じた松坂桃李さんは、虚無や修羅の演技が本当に素敵だなと思いました。30代での大学生の役という事もありましたが、違和感はなかったように思います。年齢的にもこの様な役は最初で最後になると思いますが、観る事ができて良かったと思えました。

40代男性

良い意味で期待を裏切られた作品でした。それと同時に衝撃を受けた作品でもあります。
他人に寛容とはこういうことなのではないかと思わされるシーンがいくつもありました。寛容と受け入れるとは違いますが、他人事だけど存在を認めるという部分が官能的に描かれていたように思います。
私は、人の話している姿や文章などで相手の言葉の奥底にある本音を探るタイプなのですが、主人公のリョウは行為を通してそれを行い、相手の美学を知っていく方でした。
そこでの違いはあるものの、リョウに共感する部分もあり、生きる意味を考えさせられるような何とも言えない気持ちにもなりました。
この作品のストーリー以外の部分で言うと、松坂桃李さん演技が良かったと思います。映画のポスターに映る松坂桃李さんを観た時点できっと素晴らしい演技が観れると確信しました。実際に観てみると無表情に近いような顔であるのに、自然と感情が伝わってくる演技がたくさんありました。多くの女性を受容するリョウの目つきなどもよく表現されていて、観ていて段々引き込まれていきました。どこか陰のあるリョウにピッタリはまるキャストだったのではないでしょうか。男性の私でもカッコいいと思ってしまうほどでした。

30代女性

私は女友達と一緒に観たのですが、予想以上に盛り上がってしまいました。
人間の欲望の中でも、あまり表に出ることのない性をテーマにした作品。女性の欲望というものに焦点を当てることで、社会の暗い部分に対するアンチテーゼをも感じてしまいました。それでも、作品の終盤にかけてスッと入り込むような作品になっていたと思います。
監督の三浦大輔さんは作家としても活躍されていますが、私は三浦大輔さんが手掛けた作品が気に入っています。大好きな作品、映画『何者』と同じ監督という事がきっかけでこの作品も観ようと思ったのですが、人間の細かい感情がよく表現されていて感慨深く、他の作品も一気に観てしまいました。
一見普通と思える人が秘めている果てしない欲求というのは、妙に惹き込まれる一面があると思います。本当に色々な愛の形があって、新しい世界を見れた気さえして、私には刺さるものがありました。到底理解する事ができない世界だと思いきや理解できる…みたいな部分もあって、不思議な感覚になりました。また、なるほど、妙に納得してしまうような場面もあったのも事実です。
映画が良かっただけに原作がどの様なものであったかも気になってきたので、今度は小説の方も読んでみたいと思います。

30代男性

リョウという、恋愛も大学生活もつまらないと感じていた人間を中心に描いたからこそ見えてくる女性の欲望がすごく興味深く感じられた作品でした。
性描写は多いのですが、リョウの変化が一番表れてるところでもあったと思います。全てにおいて無気力になってしまっていたリョウが、「性」というものを通して、女性や社会全体に興味を持って一人の人間として活き活きと生きるように変わっていく姿や、リョウのお陰でたくさんの女性たちが欲を満たしていく事に感動さえしました。一瞬も見逃せない、むしろ見逃してはならない感じがして気づいたらのめり込んで観てしまっていました。
「性」に対する向き合い方のようなものは、体を張って演技をした俳優さんとこれを一つの作品にしようとしたスタッフさん達によって充分伝わってきました。本当に皆さんを称賛したい気持ちになりました。
また、全体的にブルーを基調とした映像のときにジャズミュージックが流れていて、それがとてもマッチしていて好きでした。非常に細部にまでこだわった作品だったと思います。
いわゆる夜の世界に元々偏見はないのですが、一般的に異質とも言われるような世界が、どこか美しさを帯びていたようにも感じられました。

40代女性

性描写が多めの作品ではありますが、大学の同級生との決着がついたときのシーンが最も印象的でした。お互いに好意を抱いていたのですが、あの時に根本的に相容れないことに気づいてしまう悲しさが、痛いほどに伝わってきた良いシーンだったと思います。
もっとドロドロとしたシーンが多くあるのかと思っていましたが、爽やかなシーンも多く意外でした。
女性に対して希薄な主人公のリョウが、娼年という仕事を通して女性の心情を学び、感じ、考えを巡らせる様子が何だか愛おしく感じました。女性や社会に対して見る目が変わり、さらには自分も変わっていくという成長過程も、良かったと思います。大学生という立場の目線でも、その親という立場の目線でも、観終わった後に何かを得られる作品になっていると思います。
また、この作品に出てくるシーンは、昼夜どちらも光の雰囲気が良かったと思います。ストーリーだけなく、その様な部分にまでこだわりがみられ、スタッフ・キャストによって丁寧に作られたという好印象を持ちました。
主演の松坂桃李さんの表情もさすがだと思いました。作品中での主人公の細かな心の移り変わりがその演技によってさらに楽しめたような気がします。

30代女性

私はこの作品の原作となった石田衣良さんの小説を読んでいてとても好きだったのですが、今回の映画版は、また違った雰囲気で楽しむ事ができました。それでも小説の世界観はそのまま残されていた印象でした。石田衣良さんの描く小説は、好みが分かれる事が多いようですが、私は特に女性の表現の仕方が好きで他の作品も読んでいます。映画【娼年】も、その例に倣って女性の繊細な描写が心地良いほどに表現されていると思います。さすが、直木賞候補になった作品だけのことはあると思います。
女性をつまらないものと思っていた主人公が、どんどんその女性に興味を持っていく姿が、リアルでないようでリアルだったような気がします。この作品を観るまで、このような職業についても無知でした。これをきっかけに視野が広がった気がします。その様な意味でも観る価値がありました。
映像は結構過激なところが多くあったのですが、不思議とあまりいやらしい感じには見えませんでした。それは男性側ではなく、女性側の性的欲望に焦点をあてているためなのだと思います。
女性たちの欲望の種類は様々だが、最初からそれをむき出しにしている人はいないという主人公の見解がありますが、彼の仕事は彼女たちの中に隠された欲望を引き出して満たしてあげることなので、それが描かれる事によって女性にとっても観やすい作品になったのだと思います。

40代男性

この作品は、異性の気持ちを理解するうえでも観ておくとためになる、そしてインパクトのある映画だと思います。
性的欲求については、大変奥深いものだと思いました。それは人間のとりつくろいを超えたところにあり、その大きさについて描かれている作品でもあります。人それぞれの欲望にとことん付き合うのは並大抵のことではなく、その道に安易に足を踏み入れることが危険であることもよくわかりました。
しかし、自分の欲望をむき出しにしてそれを満たそうとする登場人物たちの姿には、とてつもない人間らしさも感じることができました。主人公のリョウがこの仕事に感じる魅力もそのようなところにあるのかもしれないと思います。
リョウとゼミの同級生のメグミのシーンは、本当に切ないものがありました。叶わない想い…辛いものですね。
女性との経験を重ね様々なことを学んでいくにつれて、リョウを演じていた松坂桃李さんの顔つきがどんどん男らしくなっていく様子が良かったと思います。心の動きも繊細に表現されていて、作品の世界に入り込みやすかったです。日常に潜んでいる非日常のような演出が個人的には好きでした。
新しいものの見方を提供してくれる良い映画だと思います。

40代女性

様々な女性を描くことで、普通とはなにかということを考えさせられる作品だと思います
途中過激なシーンはたくさん出てきますが、その裏側に人それぞれのドラマがありました。
それぞれの女性が、相手によって染まれる、染まってくれるだろうという期待があるから、リョウが娼夫として人気になったのかもしれないと感じました。それほどロマンチックな部分はないような気がしますが、リョウはその度にきちんと相手のために染まり、期待に応えて成果を出していました。仕事ではありますが、その様な恋愛も一つの形としてアリなのかな、と考えさせられました。娼夫というものを始め、新しい性というものに出会ったことで、心を閉ざして無気力だった青年が豊かになっていく、生命力を取り戻していく物語で、とても心の温まる作品だと思います。
また、リョウとメグミとのシーンで、
「私とは生きる世界が違うんだね。
これがプロの仕事なんだね。」
と言ったメグミの心情を考えると、切なすぎて心がぎゅっとなってしまいました。
この作品は石田衣良さんの書き下ろした小説が元になっており、三浦大輔さんが監督・脚本を務めていますが、女性目線で作るともっと違うテイストになったんだろうなぁ思う作品でもありました。

30代男性

少し難しいとも思える映画ではありましたが、この作品を通じて新たに知った「世界」があったように思います。自分の知る世界がいかに狭いものかということを感じ、そこに身を置く人を見る目がいい意味で少し変わりました。
“人それぞれの欲望があっていい”、
“欲望がそんなに汚いことじゃない”
と思えた作品でもありました。人は理性によって表に出す事はないけど、本当は色々な欲望を秘めていて、それを開放し叶えられることは良いことであるはずです。その一方で女性の欲を満たす事は、本当に大変なことだなぁとも思ってしまいました。
リョウの友人が、
「お前は俺とは違う、昼の世界で生きていけるやつなんだ。」
と語っていましたが、その「世界」に溶け込む人にも、昼の「世界」への憧れのようなものがあるのかもしれないと思いました。
また、作品中の細かな心情描写が好きで、気付くと感情移入をして観入ってしまいました。情熱的な演技に時折コミカルな部分も織り交ぜてあり、映像自体もしっとりとしていて綺麗だったので、終始落ち着いた気持ちで観ることができたのも良かったと思います。

 

U-NEXTの内容確認や無料登録ができます。

U-NEXT

 

初回登録は31日間の無料トライアル付き。

期間中に解約すれば課金はされません。

 

登録と解約の手順はコチラの記事を参考にどうぞ。

関連記事:U-NEXT登録&解約のカンタンな方法

「紹介している作品は、2021年1月時点の情報です。 現在は配信終了している場合もありますので、詳細はU-NEXT公式ホームページにてご確認ください。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です