ドラマ【極悪がんぼ】1話~最終回を無料視聴!ネタバレ感想もチェック!

極悪かんぼは、2014年4月14日から6月23日まで放送された月9ドラマで、主演の尾野真千子は本作が月9かつ民放の連続ドラマで初主演を務めることになった記念すべき作品です。

俳優陣は、椎名桔平三浦友和などそうそうたるメンバーで彩られ、ネームバリュー抜群の作品となっています。

法律の裏をかく事件屋と悪人たちのやりとりに注目です。

ドラマ【極悪がんぼ】1話最終回視聴出来る公式サイトは、フジテレビが運営しているFODプレミアムです。

初回登録2週間の無料トライアルを利用する事で、無料視聴が可能となります。

FODプレミアムを利用するには会員登録が必要ですが、3ステップでとても簡単です。

FODプレミアムの内容確認や無料登録ができます。

FODプレミアム

 

初回登録は2週間の無料トライアル付き。

期間中に解約すれば課金はされません。

 

登録と解約の手順はコチラの記事を参考にどうぞ。

関連記事:FODプレミアム登録&解約のカンタンな方法

 

ドラマ【極悪がんぼ】の見どころポイント

極悪がんぼの見どころは、なんといっても原作が講談社の雑誌『イブニング』に掲載され愛された作品であるところです。原作は、2001年創刊号から2009年15号までと長きにわたり連載され、単行本の数は全16巻にも上ります。

そんな原作をドラマ化するにあたり、原作とは違ういくつかのポイントがあります。

原作では男性の神崎守が主人公となっているのですが、ドラマでは女性の神崎薫が主人公。

この変更点は原作からのファンは首をかしげたかもしれませんが、主演がさっぱりとした尾野真千子ということもあり、結果的にかなりハマり役となりました。

脇を固める俳優陣もすこぶる豪華で、三浦友和に椎名桔平など、名だたる俳優たちで囲まれています。

極悪といえば聞こえは悪いですが、義理人情を描いた壮大なエンターテイメント作品となっており、大人から子供まで引き込まれてしまう作品です。

ここが見どころダヨ

 

また記事後半では、あらすじキャスト等の作品情報や、みんなの感想・ネタバレ情報なども紹介していますので、併せてチェックしてみて下さいね。

ドラマ【極悪がんぼ】の平均視聴率・比較

 

ドラマ【極悪がんぼ】の平均視聴率を他の有名なドラマと比較してみました。

<参考>平均視聴率・比較 
作品名平均視聴率
ドラマ【極悪がんぼ】9.9%
ドラマ『ドクターX・4期』21.49%
ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』14.47%
ドラマ『グランメゾン東京』12.74%
ドラマ『凪のお暇』9.94%

 

ドラマ【極悪がんぼ】を視聴デキる動画配信サービス

 

ドラマ【極悪がんぼ】を視聴可能な動画配信サービスを確認してみました。

配信状況チェック表/2021/1/20 現在
配信サービス名配信状況無料期間月額料金(税込)視聴期限
FODプレミアム2週間¥976未定
Paravi2週間¥1,017 
hulu2週間¥1,026 
TELASA15日間¥618 
U-NEXT31日間¥2,189 
Netflixナシ¥880 ~¥1,980 
dTV31日間¥550 
AmazonPrimeVideo30日間¥550(¥4,896/年) 
TSUTAYA TV30日間¥1,0262021年4月15日 
◎=見放題 ▲=レンタル ☓=配信ナシ
※ レンタル作品はポイントを利用して視聴できます。

 

違法アップロード動画について
当サイトでは法的モラル、ウィルス感染リスク、劣悪品質などの観点から、動画投稿サイトでの無料視聴は推奨していません。

違法アップロードの詳しいリスク解説は、こちらの記事を参考にしてください。

違法アップロードサイトは視聴も違法で見てはいけない?理由と著作権や刑事罰をチェック!

ドラマ【極悪がんぼ】全話を無料視聴する方法

 

ドラマ【極悪がんぼ】全話を視聴出来るオススメの公式サイトは、フジテレビが運営しているFODプレミアムです。

FODプレミアムの内容確認や無料登録ができます。

FODプレミアム

※ 期間中に解約すれば課金ナシ。

その他、これらの動画配信サービスでも観ることが出来ます。

TSUTAYA TV

FODプレミアムはコスパが最高で、しっかり元が取れますよ。

しかも、2週間の初回無料トライアルを利用すれば、気になる作品を無料視聴出来てしまいます。

FODプレミアムお勧めポイント
  • 初回登録は『2週間の無料トライアル』付き。
  • 無料期間中に解約すれば、お金が掛からない。
  • 登録・解約の作業が簡単
  • 月額888円(税抜)でお得に楽しめる。
  • 毎月、最高で1300ポイントが貰えて課金対象作品に使える。
  • ドラマ・アニメ・映画・バラエティなどが5000本以上!フジテレビ系の過去名作も揃っています。
  • 15万冊以上の漫画コミック。期間限定で無料で読める作品もあり。
  • FRIDAYやFLASHなど100誌以上の人気雑誌が読み放題

 

~私のFODプレミアム体験談~

私がFODプレミアムに登録したのは、たくさんあるフジテレビ系ドラマの過去の名作達を観たかったから。
登録した時点から視聴できたのでニンマリ、嬉しかったです。
画質が良いのは当たり前ですが、なんと言ってもCMが無いのでストレスフリーで作品を楽しめます。
それと、WiFiがあればスマホでイツでもドコでも観ることが出来て重宝します。
ランチや時間潰しなどは、いつも好きなドラマやアニメ、映画などを観ながらなので、1~2時間なんてアッという間。(笑)
大人の事情で地上波では観られない作品もあったりして、みたい作品を制覇出来るのはまだまだ先になりそうです。

私の体験談

ドラマ【極悪がんぼ】の作品概要とキャスト・スタッフ

 

ここからはドラマ【極悪がんぼ】の関連情報になります。

まずは作品概要から。

“キラキラ”ではなく“ギラギラ”、“キュンキュン”ではなく“ハラハラ”する“裏社会”エンタテインメント『極悪がんぼ』に決定!
尾野真千子がフジテレビ連ドラ単独初主演で、一筋縄ではいかない最悪なトラブルを対処していく役に挑む!
共演は、椎名桔平、三浦翔平、仲里依紗、竹内力、板尾創路、宇梶剛士、そして小林薫、さらに三浦友和など豪華俳優陣が勢揃いする。こんな月9見たことない!!!

 

引用:ドラマ【極悪がんぼ】公式サイト

次はキャスト・スタッフ情報です。

出演者
尾野真千子
椎名桔平
三浦翔平
仲里依紗
竹内力
板尾創路
宇梶剛士
小林薫
三浦友和

スタッフ
【原作】
田島隆 東風孝広
(「極悪がんぼ」講談社「イブニング」所載)

【プロデュース】
後藤博幸
草ヶ谷大輔

【演出】
河毛俊作
林徹
石井祐介

【脚本】
いずみ吉紘

【制作】
フジテレビドラマ制作部

 

引用:ドラマ【極悪がんぼ】公式サイト

ドラマ【極悪がんぼ】の各話あらすじ(ネタバレあり)

1話 人生どん底女が挑む、喧嘩上等、極悪ワールド!

フリーターの神崎薫(尾野真千子)は、ファミレスの店内で怒突工事(中野英雄)に迷惑料の200万円を払えとすごまれていた。元カレの茸本和磨(三浦翔平)が、怒突のクレジットカードを偽造し金を作ったのがばれたのだ。ところが、茸本が雲隠れしたため、薫はとばっちりで怒突と対面するはめになった。そこへ金子千秋(三浦友和)と夏目大作(竹内力)が入ってくる。さらに巻上輝男(宇梶剛士)が、矢敷聡美(夏菜)を連れて来た。聡美も借金があるという。怒突に代わりその場を仕切り始めた金子は、「小清水経営コンサルタント」と書かれた名刺を差し出した。「小清水経営コンサルタント」ではその頃、所長の小清水元(小林薫)が冬月啓(椎名桔平)を呼び一通の公正証書を手渡すと、不良債権の回収を指示した。その傍には弁護士の豊臣嫌太郎(宮藤官九郎)と会計士の抜道琢己(板尾創路)もいた。金子は、薫と聡美に札束を見せ、この金を怒突らに渡し誓約書を取り戻せば手が切れると説明。提案を受け入れた薫らは新たな借用書にサインし、怒突らに金を返す。新たに借りた金の返済はどうすればいいのかと聞く薫らを、金子は真矢樫キリコ(仲里依紗)のいるスナックに案内。そこである島で住み込みで働くコンパニオンの仕事を紹介。いかにも怪しげな仕事をいぶかしがる薫らに金子は、これなら3カ月で200万円を稼げると断言。明日の出発までに答えを出せと言われた薫は…。

引用:ドラマ【極悪がんぼ】公式サイト

2話 涙の復讐取られたら取り返す

ある日、神崎薫(尾野真千子)は、金子千秋(三浦友和)の命令で、とある予備校から運ばれたテレビ、パソコン、コピー機などを倉庫に収めていた。金子は予備校代表の沌面(田窪一世)に、それらを売って出来た金を借金返済に充てろと指示。薫は、借金を踏み倒して夜逃げしようとする沌面の片棒を担ぐことに不快感を示すが、金子に一蹴される。
そのころ、無人の予備校には、印刷会社の社長・橋呉(笹野高史)ら、沌面に金を貸している債権者たちが集まり激怒していた。
一方、「小清水経営コンサルタント」では、小清水元(小林薫)が、冬月啓(椎名桔平)に薫が事務所に払うべき看板料2千万円を立て替えてやってほしいと頼む。そこへ真矢樫キリコ(仲里依紗)が営むスナック「まやかし」で働き始めた茸本和磨(三浦翔平)が、店のメニューを持ってくる。金子に言われ予備校の様子を見に来た薫は、そこで刑事の伊集院保(オダギリジョー)に尋問される橋呉を目撃。予備校の様子が知りたかった橋呉は、無断でドアを破って中に入ったのだ。橋呉は、沌面から400万円以上の未払いがあり、それが回収できなければ自分が倒産してしまうと訴えるが…。
事務所に戻った薫は、沌面が債権者たちから詐欺罪で訴えられるのではと金子に進言する。そんな薫に冬月は、看板料を立て替えた借用書を差し出した。内容を見た薫は、利息が月10%、つまり200万円の支払いになると書かれていたことに驚愕する。

引用:ドラマ【極悪がんぼ】公式サイト

3話 仕返しだ 暴力男に怒りの制裁

神崎薫(尾野真千子)は、総額1800万円にまで膨れあがった借金に頭を抱えていた。それを見た夏目大作(竹内力)や抜道琢己(板尾創路)は、冬月啓(椎名桔平)のような人間から金を借りるからだとあきれ返る。
そんな折「小清水経営コンサルタント」に不動産会社の地揚四郎(ラサール石井)がやってくる。開発工事のため土地買収を行っているエリアで、古い集合住宅に住む飛騨という夫婦が立ち退きに合意せず困っているという。夫の林五郎(要潤)は、大手の建設会社勤務のエリート、年上の妻の満利子(猫背椿)は有力な県会議員の娘だという夫婦は、立ち退き料をつり上げる目的で居座り続けていると地揚は話した。
話を聞いた金子千秋(三浦友和)は、薫にこの件に噛んでみろと指示。知恵も経験もない薫が、唯一使える武器があると金子は言った。
薫は早速、林五郎の勤務先や立ち寄り先で捜査を始める。そのうち、林五郎が愛妻家で真面目なサラリーマンだと知り、強制撤去させることに疑問を持ち始める。一方、夏目は飛騨家のゴミ箱から大量のセレブ女性の名刺を発見。金子も林五郎はまともに立ち向かって勝てる相手ではないと言う。金子が言う薫が使える武器とは、色仕掛けで林五郎に迫りシッポを掴むことだった。気乗りがしない薫は、真矢樫キリコ(仲里依紗)に相談。キリコが、林五郎はセレブが集まって行われるパーティーの常連だと教える。それを聞いた薫は…。

 

引用:ドラマ【極悪がんぼ】公式サイト

4話 やり返せ 親友の許せぬ裏切り

神崎薫(尾野真千子)は、金子千秋(三浦友和)と豊臣嫌太郎(宮藤官九郎)への借金が膨らみ返済のめどが立たなくなってしまう。困り果てた薫は、ついに「大安ローン」というヤミ金へ足を踏み入れる。連帯保証人がいない薫に、社長の高利十一(マキタスポーツ)と事務員の桃尻花瑠子(井上和香)は、保証人の代行をしてくれる「ハイエナ保証」を紹介。恐る恐る訪ねた薫は、そこで夏目大作(竹内力)と鉢合わせする。夏目は、社長の跳田鉄男(石井正則)と幼なじみだという。薫が夏目と同じ「小清水経営コンサルタント」の所属だと知った跳田は、実は「大安ローン」と「ハイエナ保証」はグルで、保証人代行という名目で「大安ローン」の客から高利で借金の取立てを行っていると明かす。驚く薫に、跳田は、借金を踏み倒して逃げている藤原(酒井敏也)という男を、夏目と一緒に探してほしいと依頼。金に困っている薫は、夏目を説得して共に引き受ける。薫と夏目は、藤原の個人情報を得るために、真矢樫キリコ(仲里依紗)に協力を要請。そんな時、金子がやってくる。茸本和磨(三浦翔平)は笑顔で迎えるが、薫と夏目は気まずい雰囲気に。仕方なく、薫は夏目と仕事をしていることを報告する。金子は、二人が何かを企んでいるのではと疑う。後日、仕事を終えた薫と夏目が、跳田とともに「ハイエナ保証」に戻ると、金子が鎮座し、跳田に挨拶に来たという。突然のことに戸惑う薫は…。

 

引用:ドラマ【極悪がんぼ】公式サイト

5話 大阪から最強ライバル現る!

「小清水経営コンサルタント」で小清水元(小林薫)による内部監査が行われることになり、金子千秋(三浦友和)らは狼狽する。そんな折、会社社長の名真津(ビートきよし)が金子を訪ねて来るが、金子は監査を理由に断ってしまう。そこで、神崎薫(尾野真千子)が名乗り出るが、金子に一蹴される。最近、勉強を積んでいる薫は、名真津が話していた手形絡みの仕事がしたかったのだ。薫は仕事をさせてもらえなかったことを真矢樫キリコ(仲里依紗)や茸本和磨(三浦翔平)にグチる。そこへ、夏目大作(竹内力)が来て薫に仕事を譲ってやると1000万円の手形を取り出す。金を支払う振出人が、金を用意できなくなったため、受取人から取り立てを頼まれたと言う。回収できたら500万円の報酬になると聞いた薫は引き受ける。薫が、振出人に会いに行くと、相手は名真津だった。株で大損した名真津は、3日以内に手形を取り戻さないと会社が倒産してしまうと手形の返却を迫る。薫は、それならば1000万円を払えと譲らない。ふたりがもめていると、鬼切虎子(室井滋)が現れた。同じころ、冬月啓(椎名桔平)、金子らは最近自分たちの顧客に格安で営業をかけている鬼切について話していた。もし、顧客を取られてそれが小清水に知られたら、自分たちは破滅するかもしれないと言う冬月に、金子は返す言葉がない。一方、薫は、名真津から相談を受けていると話す鬼切と対面し…。

 

引用:ドラマ【極悪がんぼ】公式サイト

6話 喧嘩上等警察とガチンコ勝負

相変わらず金策に頭を痛める神崎薫(尾野真千子)の前に、冬月啓(椎名桔平)が「投遣警備保障」という会社の株券60株を置いた。それは2000万円の借金の担保として社長の投遣(今井雅之)が冬月に渡したもので、総株数の30%に相当した。冬月は薫にこれで投遣警備保障を乗っ取れと言う。合法的に乗っ取るには、51%以上の株券が必要なので残りは自分が集めるから、まずは投遣の会社に乗り込んで株主総会の開催を要求しろと命じた。
金子千秋(三浦友和)や夏目大作(竹内力)には無理だとバカにされたが、薫は投遣を訪ねると、株券を提示し株主総会を開いてくれと頼んだ。ところが、投遣はそれを受け入れるどころか薫の胸ぐらを掴んでどう喝する。そんなところへ冬月から電話が入り、この件から今すぐに撤退しろと命じられる。
何が起きたのかわからないまま投遣警備保障を後にした薫は、冬月と伊集院保(オダギリジョー)が話しているところに遭遇する。伊集院は、投遣のバックには金暮県警の犬神(國村隼)がついていると明かしていた。
別の日、スナック「まやかし」に顔を出した薫に、茸本和磨(三浦翔平)が会社は乗っ取れたかと声をかける。会社のバックに警察がいて中止になったと話す薫に真矢樫キリコ(仲里依紗)は、公務員の副職は違法だからそこを突けばいいと教える。

 

引用:ドラマ【極悪がんぼ】公式サイト

7話 敵は銀行友情と涙の救出劇!

神崎薫(尾野真千子)、金子千秋(三浦友和)、夏目大作(竹内力)は、不渡り手形を出して逃亡中だった鼠商事社長の鼠(半海一晃)を捕まえ、鼠に3000万円を貸していた本真商事社長の本真(平田満)に引き渡す。金子は、旧友の本真の頼みということもあり、捜索を引き受けていた。一件落着した薫と金子はスナック「まやかし」にやってくる。すると、レジで代金を支払っていた女(小泉今日子)が、去り際に薫と金子に会釈をした。それを見た茸本和磨(三浦翔平)は、女が誰かに似ていることが気にかかる。真矢樫キリコ(仲里依紗)は、女は東京の人間のようだと言うが…。
そんな夜、本真の誘いで薫は金子とともに高級クラブで飲むことになった。本真は上機嫌で、金子の高校時代の恋愛の失敗談を薫やホステスらに暴露。一方の金子も、同級生でその後、本真の妻となる志保(朝加真由美)とのことを暴露した。
別の日、冬月啓(椎名桔平)の使いで巻上金融に行った薫は、そこで社長の巻上(宇梶剛士)から本真商事が払えもしない手形を乱発しており倒産の危機にあるという情報を入手。薫から報告を受けた金子が本真に会いに行くと本真は銀行から融資を受けた金の返済を迫られる「貸し剥がし」をされていると明かした。すでに5000万円を返済したが、さらに5億円の借金があるという。金子は、資金繰りができなくなっていると嘆く本真の胸ぐらをつかむ。それを見た薫は…。

 

引用:ドラマ【極悪がんぼ】公式サイト

8話 今夜決着 悪徳銀行に仇討ち!

神崎薫(尾野真千子)は、金子千秋(三浦友和)の指示で、自殺した本真(平田満)に最後に電話をかけてきた人物を探し始める。真矢樫キリコ(仲里依紗)に協力を依頼し調査すると、本真に借金の返済を迫っていた破綻銀行・課長の吉良(袴田吉彦)が浮上した。薫は早速、吉良に会うと電話の件を問い詰める。吉良は、常務の破綻(佐野史郎)の指示に従っただけだと明かした。本真商事の再建をすべく薫が動き始めると、破綻銀行からすぐに手を引け、と冬月啓(椎名桔平)に命じられる。破綻銀行は、「小清水経営コンサルタント」所長の小清水元(小林薫)のクライアントだからだという。しかしそれは、小清水が本真商事の一件に関係している可能性があることを暗示している。夏目大作(竹内力)や抜道琢己(板尾創路)からも手を引けと言われた薫だが…。
薫から報告を受けた金子は、破綻の徹底調査を行い、破綻の親戚が経営している会社の経理部長・狸(春海四方)に目を付ける。金子は、茸本和磨(三浦翔平)に狸の行きつけのクラブへの潜入を指示。クラブにやってきた茸本は、そこで「大安ローン」の事務員だった桃尻花瑠子(井上和香)に遭遇する。「大安ローン」倒産後、花瑠子はクラブで働いているという。茸本に気がある花瑠子は、求められるままに狸の情報を教えてしまう。着々と情報が集まる中、金子と薫は意を決して破綻銀行に乗り込むが…。

引用:ドラマ【極悪がんぼ】公式サイト

9話 泣くな!こんな世の中で生きるには、泣いても始まらん!

小清水元(小林薫)による監査結果が発表され、神崎薫(尾野真千子)は、薫にしかできない仕事を見つけるようにと通達される。一方、金子千秋(三浦友和)は、東京に進出した際には事務所を任せると言われる。冬月啓(椎名桔平)や夏目大作(竹内力)は、それが左遷を意味するのではと気にするが、金子は意に介さない。
そんな時、薫は借金返済ができずに困っている天枝太郎(六角慎司)と出会う。天枝は、200年ほど続く寺の一人息子だが、住職の父親・史郎(片岡鶴太郎)とは絶縁状態のため借金の相談はできないと明かす。薫は、史郎から金を引き出せたら寺の経営に参画することを条件に、太郎の支援を約束する。薫は早速、太郎を連れて寺を訪ねるが、史郎は10年ぶりの再会を懐かしがるどころか、ほうきで息子をめった打ちにする。寺の金に手を付け事業に失敗した息子が許せない史郎は、薫にまで罵詈雑言を浴びせる。
史郎の態度に怒った薫は、寺が所有するという重要文化財を奪う計画を立てる。茸本和磨(三浦翔平)に頼み、バールを用意した薫は、太郎とともに寺の蔵に忍び込む。そこには情報通り、重要文化財の指定書が付いた骨董品が置かれていた。
別の日、薫が寺の経営について夏目らに聞いていると、抜道琢己(板尾創路)が自分にも手伝わせてほしいという。薫の初仕事の邪魔はしない、手間賃だけもらえればいいという抜道に、薫は応援を頼み…。

 

引用:ドラマ【極悪がんぼ】公式サイト

10話 最終決戦 次期総理を叩き潰す

金暮市に西日本最大級のアウトレットモールが建設されることになったが、地元選出の大物議員・銭山貞夫(武田鉄矢)がそれに反対する声明を発表しニュースになる。
そんな折、神崎薫(尾野真千子)は、東京に向かう金子千秋(三浦友和)に本当に行くつもりかと意思を確認する。金子は、小清水元(小林薫)の命令だから仕方がないと答え、薫には、冬月啓(椎名桔平)への借金を返済したら、事件屋から足を洗うようにと命じる。しかし、仕事は辞めないという薫に、金子は20年前、借金のカタに取られた薫の実家のことについて話し始める。それは、薫が思いもよらない事実で…。
別の日の朝、小清水の指示で事務所に、薫、冬月、夏目大作(竹内力)、抜道琢己(板尾創路)が集まっていた。一同を前に小清水は、例のアウトレットモールのことを話し始める。運営するのが外資系企業のため、地元の政治家でも利権に食い込めないのだが、なぜか「金市商事」という無名の会社が食い込んでいるのだと明かした。しかも、金市商事が受け取る利権は、年間で10億円にもなるという。そこに裏がありそうだと睨んだ冬月は、その利権を自分たちが手に入れると小清水に宣言する。ところが小清水は、この件は薫が担当し、抜道がバックアップに付けと命じた。小清水直々の案件に失敗したらクビが飛ぶ…。恐怖を感じながらも薫は、二度とないチャンスだとと腹をくくる。

 

引用:ドラマ【極悪がんぼ】公式サイト

最終話 波乱の最終回!最期の結束

神崎薫(尾野真千子)は、公安警察から小清水元(小林薫)について取り調べを受け、事件屋としてやっていきたいのなら、公安に協力したほうがいいと言われる。
別の日、薫を訪ねて「禿高コーポレーション」社長の禿高(武田義晴)がやってくる。禿高は、薫がアウトレットモールの利権を手に入れた「金市商事」を引き継ぐように小清水に指示されたと言い、手数料として1000万円を差し出した。納得がいかない薫は、入院中の小清水を訪ね事情を聞くが、小清水ははぐらかすような物言いしかしない。いら立った薫は、銭山議員(武田鉄矢)が絡んでいるのかと詰め寄る。公安が小清水を調べるのは、かつて銭山の影で汚れた仕事を小清水が仕切ってきたが、銭山が総裁候補となったことで、裏の事情を知る小清水を切ろうとしているからだと冬月啓(椎名桔平)は薫らに話した。さらに、禿高コーポレーションの背後にも銭山がいるらしいと言う抜道琢己(板尾創路)に、金子千秋(三浦友和)は、銭山が表向きはアウトレットモールの建設に反対しながらも、裏では建設を推し進め利権を手にしようとしているのだと教える。
そんな折、薫は豊臣嫌太郎(宮藤官九郎)から、ある資料を渡される。もしものことがあったら薫に託してほしいと小清水に頼まれていたと言う。それは、小清水が関わった金暮市のスキャンダルの一部始終を記録したものだった。ファイルを手にした薫は…。

 

引用:ドラマ【極悪がんぼ】公式サイト

FODプレミアムの内容確認や無料登録ができます。

FODプレミアム

 

初回登録は2週間の無料トライアル付き。

期間中に解約すれば課金はされません。

 

登録と解約の手順はコチラの記事を参考にどうぞ。

関連記事:FODプレミアム登録&解約のカンタンな方法

ドラマ【極悪がんぼ】を観たミンナの感想(ネタバレあり)

 

20代男性

全話見終えました。髪の毛をキンパツに染めている三浦友和さんのグラサンの奥の瞳が優しすぎるところに胸を射抜かれた感じです。同じ男として、これほどまでに同性をひきつける何かを持っている俳優を尊敬してしまう。印象に残っているところは、やっぱり植木鉢ドーンのシーン!「いつまで青春しとんじゃぁー!」の台詞にテレビの前で笑いころげましたね。まさに大爆笑。とっても面白いドラマです‼最近よくあるくさい恋愛物のドラマなんかよりも全然スカッとしますしねwこのドラマのヒロインはおのまちで正解です‼キャスティングしてくれたスタッフに拍手喝采。このキャラクターでいうと、雑草根性の女性役というのはおのまちにまさにハマり役という感じ。そのおのまちの脇を固める俳優陣もなかなかに豪華で、今まであまり見なかったあ組み合わせということもあり、最初から最後まで目が離せませんでした。この作品の視聴率悪いとネットニュースでは取り沙汰されていますが、そんなこと関係ないっての。打ち切りなんて許しません。続編は僕が保証します。だって、こんなにハマったドラマ今までにないもの。

30代男性

こちらの諸事情で申し訳ございませんが、録画予約をして楽しく観させてもらっていましたが、確かにCMを飛ばすことありました。ついつい続きが気になって。ドラマを制作する為にはたくさんの諸事情が絡んでくるものなんだとこの作品を見ていて知ることとなりました。私は、純粋に作品を楽しんで、あ~面白かった!という気分になり日々のうっ憤が浄化されて、明日からも頑張ろう!と、思っていたものですから、視聴者という立場は気楽なものです。申し訳ありません。以前聞いたところでは、スポンサーの商品であるものをドラマの画面に出してみたり。役者さんに着用してもらうなんてこともありましたが、そんなことくらいではもう許容されない世界なのでしょうか。それとも逆に番組に制約が出来てしまうからこのような事態になるのでしょうか。なんにせよ最終話まで楽しめました。脇役1人1人まで、すごくキャラが立っていて率直に言えば品が無いキャラクターたちばかり。一般人のこちら側からすれば反社会的?と思わざるを得ないキャラクター設定でしたが、私はとても好感が持てました。安心したのは、所長が元気だったこと。絶対みんな仮病だろうと思っていたに違いありません。ここまでハマったドラマは久しぶりなので、ぜひぜひ続編をお願いしたいです。数字、いわゆる視聴率は悪くとも私の視聴満足率は100%でした。それくらい、楽しませてもらいました。

40代男性

ドラマと言えば視聴率という定義がどれだけドラマの面白さの的を射ているのか、そんあところに、疑問を呈す作品となったこと間違いない。もう制作会社や制作陣は、良い加減に広告会社の思いに振り回されるのは辞めた方がいいと思われる仕上がりだった。月9を張った作品が二番煎じの作戦を持って来ているところも笑ってしまった。ドラマを彩ったキャストで言えば、女優・尾野真千子のあのなんといえばいいのか等身大の演技と言えばいいのか、そんな上手さが光る中で脇役をつとめたベテラン俳優勢が、そこのいいところを受けてグっとさらに上に引き上げた非常に面白いドラマだった。ドラマの出だしのところこそ、あ~失敗かなぁと思わざるを得ない仕上がりだったが、うまく後半から巻き返してきたように感じた。特に最終回は最高にいい終わり方だったし、それこそドラマが進むにつれて味も出てきて、ググっとドラマの世界へ引きこまれた。他の視聴者もそうなんじゃないかな。あ、最後になったけど批判が多かったキムタクの出演、いわゆる次回作の番宣が私も気になったかな。まぁでもドラマを成功させたいという思いからなのはしかと理解しております。

20代女性

キャストの名前の並びを見てもすごいなとドラマが始まる前からとても楽しみにさせてもらっていた作品です。画面に映る皆さん、やっぱり揃うと迫力ありますね!あっぱれでした。ほぼ文句なしのキャスティングでした。このドラマで知りましたが若いころの三浦君もコメディーセンス抜群で、今後良い役者になりそう、といった風情を醸し出されていましたね。しかし個人的には、お金絡みのお話に興味があまり持てず、そいうのか理解力が乏しいせいなのか、内容がよくわからない回も多く、それでも見続けられたのはキャストの演技力に尽きると言えます。これだけお金お金といったドラマは月9では珍しいのではないでしょうか。視聴率云々ではなく月9ドラマのこんな力の入った挑戦にとても好感持てました。見ている間中ずっとガンバレ!!と応援していました。内容はわからないときもありましたが、それでも毎回すっきり見終えさせてもらって、毎回楽しみにしていました!最終回もさすがの大すっきりで、それに加えてハッピーエンドでよかったです。ここまでいいドラマなのになぜ視聴率が低かったのか、いつもの月9とはテイストは違いましたが、これは面白いドラマでした。スペシャル版の放送を楽しみにこれからもがんばります。

30代女性

ドラマ中ずっとサングラスだったのに、最後の最後でサングラスなしの友和さん、いやはやめっちゃ素敵でした!!目が離せないってまさにこのこと。サングラスかけててももちろんかっこよかったです!!サングラス姿の友和さんは貫禄ついたなあ〜なんて驚いていましたが、最終回の素顔のシーンでは、往年のアイドルのような甘く優しいマスクがご健在で、そのギャップにはかなりドキドキしてしまいました。友和さんと椎名さんとオダジョーさんが役にハマりすぎていて毎回とても楽しみにしていました。他の俳優さんたちも個性溢れる存在感で、それぞれがそれぞれ素敵でした。ストーリーは全体を通して、とても面白かったです。ドラマスタート時の主人公がどんどん落ちていく様はなんとなくありきたりなような気もし、イマイチかな?と思いつつも、ドラマを見続けました。するとその後の立ち直り方がなんとも面白く、見続けて正解だったと変な自身も沸いたものです。尾野さんのダメンズにハマる女から少しずつダメ男を使う側へ変化していくそんな絶妙な演技もかなり良かったです。その他、とひとくくりにしてしまっては失礼なほどの俳優さん達の演技力もさすがで、みなさん楽しんで演技していらっしゃるように感じました。最終回のストーリーは、しっかり最終回という感じでしたが、個人的にはもう少し深く描いてほしかった気もします。そういった点も合わせて、続編をかなり期待しています。

40代女性

月9だからといった理由で観始めた本作、初回こそ落ちそうになりましたが、最後まで続けて見てよかったです。右肩上がりに面白くなってきて、毎週回を増すごとに、次週への期待と、どんどん終わりに近づく悲しみで複雑な感情となりました。がんぼのオープニングを聞くたび見るたびゾクゾクとしていました。普段私は、スマスマ見ないので知らなかったんですが、ぼーっとしているとスマスマが始まっていてそのままの流れでなんとなく見ていたら、歌ゲストが氣志團で、がんぼの曲を聞けちゃった嬉しいハプニングもありました。出演されている俳優さんたちは、それぞれが上手いと個として出しゃばり過ぎず、それでもこれだけ大きな存在感を出すってことができるんだと、ひどく驚きました。こんないい役者さんがそろったドラマは久しぶりだったかもしれません。ドラマの主要人物はそれぞれでキャラがたっていて、でも行き過ぎていない、ありえないような人物設定ではない作り方がうまいな、と思いました。これは制作陣の完全勝利ですね。ドラマの回ごとに出てくる悪人たちは、わかりやすいゲスっぷりで、そんなところも非常に面白かったです。ぜひ続編を希望します。もし次回作があるのなら次は、夜10時からの放送がいいです。

20代女性

個人的には上半期放送されたドラマで最も面白いドラマだったなと思います。レビュー欄で☆1なんていう批判をしている人たちは結局、月9というブランド名にこだわりすぎて いるのかもしれません。いまや視聴率などでしかドラマの面白さを判断できなくなってしまった日本のテレビに悲しみさえ覚えます。女優さんは演技派と評価されてもそれはセリフだけ、という方はたくさんいらっしゃいますが尾野真千子は間違いなく、セリフだけではなく少しの仕草や顔の変化など、表情でも勝負できる飛びぬけた存在だと再確認できる作品でした。一番印象に残っているシーンは。尾野真千子がボコボコにされて泣くシーンです。なぜか私、ここで思わず笑ってしまったくらい印象深かったです。そんなボコボコにされるシーンがあるかと思えば、色っぽく迫るシーンもあり。他にもチャラい元彼に蹴りを入れたり、それくらいふり幅のある女優さんでした。容姿キレイなのにガサツな男っぽ~い役がしっくりくる、尾野真千子に傾倒させられっぱなしでした。ドラマはコメディっぽい要素を持ち合わせているから悪知恵でどんどん問題を解決していくのも楽しく見られ、気楽に楽しめる作品でした。

40代男性

日本ドラマの王道と言ってもいい月9がたまに何かの間違いか、インパクト重視で出してくるのか、こういった起爆剤的な 面白ドラマ待っていました。おかたい内容も好みだけれど、こんなくだけた内容のドラマは見ていて肩ひじ張らず楽しめます。週初めの月曜日九時にはもってこいの作品。なによりこれは出演している役者たちがノリノリだから、見てるこちら側も楽しくて仕方ない。主演であった尾野真千子の演技はカーネの再放送を見ていても驚愕したけど、やはり今回思ったのは演技が凄過ぎるということ。最高の離婚でも尾野真千子のいい部分が出ていたようにこのドラマでもまた新たな尾野真千子のいい部分が引き出されたなと感じた。尾野真千子の演技は総じてすっごく面白かった!やっぱり作り手が楽しんでいる作品でなければ、視聴者の気持ちもいまひとつ付いていかない気がする。最近ここまでハマったドラマはなかなかなかったせいか、とても楽しませてもらいました。キャストの演技力はかなりのものでそれを持った人達が織り成す演技合戦は、年末の紅白歌合戦を彷彿とさせるものでもありました。友和さんが自身の髪を金髪に染めてまで挑んだ熱演が好印象だったし、あとはやっぱり仲里依紗の存在感は一目置くレベル。彼女の今後の活躍もすごく楽しみになった作品だった。最終回は観るのも惜しく、見終えたあとには、続編かスペシャルをと思いました。最後はとりあえずハッピーエンドでホッとした、というのも大きな要因かなぁ。続編に関しては、まだまだ先にはなるんだろうけど、ずっと心待ちにしています。

30代男性

ドラマを見終えた今、何話だったのか忘れてしまいましたが、薫の「きゃんと言わせたる!」というなんとも言えないうぶな言い回しが可愛くて個人的にはとても好き。このドラマを通して言えることはただ一つ。方言が皆さん自然だということ。各地の視聴者でも違和感なくい見られる仕上がりになっているのは、さすがの一言に尽きる!!なおかつそのキャスティングも秀逸であり、その脇・ゲストといったところまで実力やベテランを兼ね備えた主役級の役者人の贅沢な使い方は凄いね。スタッフ陣も気が引き締まる現場だったんだじゃないかなと思います。リーハイといったなコミカルさとシュールさはこのドラマでは薄めに描かれているけれど、そういった絶妙なテンポもこのドラマは持ち合わせていると思うから、こちら側、いわゆる客層と制作側のテンポがハマって化けた作品になったのですね。言い方としては、古いかもしれないけれど、今回の作品は、俳優として出演したクドカンに尽きるかもしれない。キャッツとかも放映中はそこまで視聴率も伸びず、放映終了後からその作品を知らなかった人々に後押しされ、じわりじわりと人気が出てきた作品。この作品もそういった気質があるなと思わされる。

20代男性

三浦友和さん、椎名桔平さんを始めとするとっても豪華な出演陣に放送前からワクワクが止まりませんでした。そんな中で若手のオノマチさんを主演にしてのドラマ制作、三浦さんがとても頑張ったと思います。オノマチは、やっぱりオノマチという感じで、脇を固める俳優陣に助けられた感じがしますね。しかし、とくに腐れ外道の役どころはポイントポイントでいい味出してきている。いつものドラマにありがちなキャスト中心であり恋愛メインである月9に興味がない東宝にとっては嬉しいレゼントでありました。もしこの感想がスタッフ陣に届くのであればたまにでいいので、こういうのもやってほしいと思います。ドラマは、本当に最後まで誰が味方で誰が敵なのか、わからない構成なのが、目を離せませんでした。そんな中で、裏切りまくりな関係であるのが、ビックリはしましたけどそれこそ、このドラマの良さだと痛感。自分以外誰も信用できない、信じられるのは自分だけというコンセプト。そういう世界なのかもなーと現代社会に照らしても思います。最初の一話を見たときに、三浦友和と恋仲になるのかもと想像してしまった自分が笑えます(笑)それくらい見終えた後に感じる完成度もすごいドラマでした。

FODプレミアムの内容確認や無料登録ができます。

FODプレミアム

 

初回登録は2週間の無料トライアル付き。

期間中に解約すれば課金はされません。

 

登録と解約の手順はコチラの記事を参考にどうぞ。

関連記事:FODプレミアム登録&解約のカンタンな方法

「紹介している作品は、2021年1月時点の情報です。 現在は配信終了している場合もありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です