ドラマ【ビーチボーイズ】1話~最終回とスペシャルを無料視聴!ネタバレ感想もチェック!

 ドラマビーチボーイズは、夏の海を舞台に描かれる青春ドラマです。

W主演を務めたのが反町隆史さん竹野内豊さんだったことが、話題を呼びました。

失恋し、傷心中の反町隆史さんと、仕事で失敗し落ち込んでいる竹野内豊さん、二人のイケメンに挟まれる広末涼子さんの共演がとても豪華で、目を離せない内容となっています。 

ドラマ【ビーチボーイズ】1話最終回視聴出来る公式サイトは、フジテレビが運営しているFODプレミアムです。

初回登録2週間の無料トライアルを利用する事で、無料視聴が可能となります。

FODプレミアムを利用するには会員登録が必要ですが、3ステップでとても簡単です。

FODプレミアムの内容確認や無料登録ができます。

FODプレミアム

 

初回登録は2週間の無料トライアル付き。

期間中に解約すれば課金はされません。

 

登録と解約の手順はコチラの記事を参考にどうぞ。

関連記事:FODプレミアム登録&解約のカンタンな方法

 

ドラマ【ビーチボーイズ】の見どころポイント

 ビーチボーイズは、この作品が世に放たれるまで、ラブストーリーで多く構成されていた月9作品の特徴をガラっと変えた作品です。月9としては珍しい男の友情を描いた作品となっています。主演を務めたのが反町隆史さんと竹野内豊さんだったこともあり、平均視聴率はなんと23.7%を記録しました。最高視聴率は、今では考えられない26.5%を記録し、日本人であれば、絶対に観たことのある作品だと言っても過言ではない作品です。海辺に建つ民宿ダイヤモンドヘッドを舞台に二人が出会い、お互いの心の傷をいやしていく様子は、こちらも見ていて癒される仕上がりになっています。ヒロイン役で出てくる広末涼子さんも美しく、イケメンと美女が出てくるだけで目の保養にもなってしまいます。

 

ここが見どころダヨ

 

また記事後半では、あらすじキャスト等の作品情報や、みんなの感想・ネタバレ情報なども紹介していますので、併せてチェックしてみて下さいね。

ドラマ【ビーチボーイズ】の平均視聴率・比較

 

ドラマ【ビーチボーイズ】の平均視聴率を他の有名なドラマと比較してみました。

<参考>平均視聴率・比較 
作品名平均視聴率
ドラマ【ビーチボーイズ】23.7%
ドラマ『ドクターX・4期』21.49%
ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』14.47%
ドラマ『グランメゾン東京』12.74%
ドラマ『凪のお暇』9.94%

 

ドラマ【ビーチボーイズ】を視聴デキる動画配信サービス

 

ドラマ【ビーチボーイズ】を視聴可能な動画配信サービスを確認してみました。

配信状況チェック表/2021/1/24 現在
配信サービス名配信状況無料期間月額料金(税込)視聴期限
FODプレミアム2週間¥976未定
Paravi2週間¥1,017 
hulu2週間¥1,026 
TELASA15日間¥618 
U-NEXT31日間¥2,189 
Netflixナシ¥880 ~¥1,980 
dTV31日間¥550 
AmazonPrimeVideo30日間¥550(¥4,896/年) 
TSUTAYA TV30日間¥1,026 2021年7月16日
◎=見放題 ▲=レンタル ☓=配信ナシ
※ レンタル作品はポイントを利用して視聴できます。

 

違法アップロード動画について
当サイトでは法的モラル、ウィルス感染リスク、劣悪品質などの観点から、動画投稿サイトでの無料視聴は推奨していません。

違法アップロードの詳しいリスク解説は、こちらの記事を参考にしてください。

違法アップロードサイトは視聴も違法で見てはいけない?理由と著作権や刑事罰をチェック!

ドラマ【ビーチボーイズ】全話を無料視聴する方法

 

ドラマ【ビーチボーイズ】全話を視聴出来るオススメの公式サイトは、フジテレビが運営しているFODプレミアムです。

FODプレミアムの内容確認や無料登録ができます。

FODプレミアム

※ 期間中に解約すれば課金ナシ。

その他、これらの動画配信サービスでも観ることが出来ます。

TSUTAYA TV

FODプレミアムはコスパが最高で、しっかり元が取れますよ。

しかも、2週間の初回無料トライアルを利用すれば、気になる作品を無料視聴出来てしまいます。

FODプレミアムお勧めポイント
  • 初回登録は『2週間の無料トライアル』付き。
  • 無料期間中に解約すれば、お金が掛からない。
  • 登録・解約の作業が簡単
  • 月額888円(税抜)でお得に楽しめる。
  • 毎月、最高で1300ポイントが貰えて課金対象作品に使える。
  • ドラマ・アニメ・映画・バラエティなどが5000本以上!フジテレビ系の過去名作も揃っています。
  • 15万冊以上の漫画コミック。期間限定で無料で読める作品もあり。
  • FRIDAYやFLASHなど100誌以上の人気雑誌が読み放題

 

~私のFODプレミアム体験談~

私がFODプレミアムに登録したのは、たくさんあるフジテレビ系ドラマの過去の名作達を観たかったから。
登録した時点から視聴できたのでニンマリ、嬉しかったです。
画質が良いのは当たり前ですが、なんと言ってもCMが無いのでストレスフリーで作品を楽しめます。
それと、WiFiがあればスマホでイツでもドコでも観ることが出来て重宝します。
ランチや時間潰しなどは、いつも好きなドラマやアニメ、映画などを観ながらなので、1~2時間なんてアッという間。(笑)
大人の事情で地上波では観られない作品もあったりして、みたい作品を制覇出来るのはまだまだ先になりそうです。

私の体験談

ドラマ【ビーチボーイズ】の作品概要とキャスト・スタッフ

 

ここからはドラマ【ビーチボーイズ】の関連情報になります。

まずは作品概要から。

反町隆史演じる桜井広海と竹野内豊演じる鈴木海都が、ひと夏の休息の地を求めたどり着いた海辺の民宿“ダイヤモンド・ヘッド”。
 その地で出会う和泉勝(マイク眞木)やその孫・真琴(広末涼子)、スナック“渚”の前田春子(稲森いずみ)らとの交流を通し、彼らは自身の人生と向き合い、友情を深めていく。
 夏の海を舞台に男二人の熱い友情を描いた、色褪せない名作ドラマが、4K映像でより鮮やかによみがえる!

 

引用:ドラマ【ビーチボーイズ】公式サイト

次はキャスト・スタッフ情報です。

<出演者>
桜井広海:反町隆史
鈴木海都:竹野内豊
和泉真琴:広末涼子
山崎桜:秋本祐希
原富士子:辻香緒里
寺尾はづき:原沙知絵
蓑田利夫:平賀雅臣
殿村公三:武野功雄
内藤佑介:川岡大次郎
真下裕子:佐藤仁美
和泉勝:マイク眞木
前田春子:稲森いずみ
和泉慶子:田中好子
<スタッフ>
脚本:岡田 惠和
プロデュース:亀山千広 高井一郎
演出:石坂理江子
音楽:武部聡志
主題歌:「Forever」反町隆史 with Richie Sambora
制作:フジテレビ

引用:ドラマ【ビーチボーイズ】公式サイト

ドラマ【ビーチボーイズ】の各話あらすじ(ネタバレあり)

1話 夏、変な奴がやって来た・・・同時に二人も

女に捨てられ、行き場を失った桜井広海(反町隆史)。仕事のミスからエリートコースを外れた鈴木海都(竹野内豊)。出会うはずもないようなこの男二人が、しばしの休息を求めて海の見える地へと向かった。
遭遇した二人がたどり着いたのは、同じ海の見えるさびれた民宿。人生の頼れる先輩、だけど堅物そうに見える初老の経営者・和泉勝(マイク眞木)と孫娘・真琴(広末涼子)がきりもりする民宿に転がり込んだ広海は、強引にバイトを決めこみ、海都はマイペースで休日を過ごしはじめた。広海の何事にも能天気で、行動的なペースに次第に海都がはまりはじめた頃、勝は民宿をたたむことを告げる。
シーズンを前にと広海は言うが、勝の決心は固そうだった。そして、また別々に都会に戻っていく二人の男。取り残されたような真琴・・・。でも勝は、すでに真琴も東京にいる母のもとへ行かせることを決めていたのだった。

 

引用:ドラマ【ビーチボーイズ】公式サイト

2話 私、ここにいたい

再び、“ダイヤモンド・ヘッド”に戻ってきた広海(反町隆史)と海都(竹野内豊)。
広海は、民宿を盛りたてようと友達に電話をしまくり客として呼ぼうと思いつく。そこにまずやって来たのが、元恋人の富士子(辻香緒里)。そして、海都のことを心配して会社の後輩であり恋人の桜(秋本祐希)も民宿を訪れる。その晩、夕食のバーベキューパーティーで盛り上がった富士子は、調子に乗って海都に広海の過去のことを話してしまう。オリンピックを約束された水泳選手だったと・・・。広海を見る目が少し変わる海都。
一方、真琴は、もうすぐ母のいる東京へ行かなければならないことを思い元気がない。同級生たちも、何とかならないかというのだが、勝(マイク眞木)の決定は動かせそうにない。しかし、民宿をたたむ理由が、“ここにあったんじゃ真琴がいつまでも東京へ行くと言わないから”ということを聞いた海都が、勝に猛烈にくってかかった。「好き勝手生きてきたあんたが、なぜ真琴ちゃんの好きなことをさせてあげられない」のかと。

 

引用:ドラマ【ビーチボーイズ】公式サイト

3話 彼が残した忘れ物

会社からプロジェクト続行のため呼び戻された海都(竹野内豊)は、民宿“ダイヤモンド・ヘッド”を後にする。
「せっかくいいコンビだったのに」真琴(広末涼子)はほろ苦い想いを抱きつつ、ビーチバレーに惜敗し、くやしがる広海(反町隆史)と海都の二人を見てつぶやいた。
数日後、勝(マイク眞木)の用事で東京に行く事になった広海の車に、真琴はちゃっかりと便乗し、「海都さんに忘れ物届けに行くから」と強引に広海に言い放つ。忘れ物とは、海への思いを込めた一遍の詩だった。海都のオフィスで詩を読み上げる真琴に、あわてふためく海都!その夜、海都のマンションに泊まることになった広海と真琴。広海は遅くに戻った海都と、すでに思い出になった、あの日のビーチバレーの話を切り出した。敗戦の原因を押し付けあったりするうち、「いつか決着をつける」と言った海都の言葉に「?」となる広海。その言葉の真意には海都の思いがけない決意が隠されていたのだが・・・。
そんなこととは知る由もなく、広海は勝に頼まれたもうひとつの大事な用件のため真琴と一緒にマンションを出た。そしてその用件とは、真琴と母を会わせるというものだったが・・・。

 

引用:ドラマ【ビーチボーイズ】公式サイト

4話 優しさのある場所

民宿“ダイヤモンド・ヘッド”は、広海(反町隆史)と海都(竹野内豊)が来てからというもの活気を取り戻しはじめているように見える。この日も、東京から四人の家族客を迎えることになったが、海都はその客の顔を見て、“エッ”という表情になった。それは、海都の元上司・大崎(平泉成)だったのだ。約束された将来をみすみす棒にふってしまう・・・。それほど魅力ある所とはどんな所かと、その目で見定めに来たのだと言う大崎を海都はいつも通りもてなした。釣り、バーベキュー・・・。大崎は子供たちの明るい笑顔を見るうちに、だんだんここの良さを理解し、かつて自分が追いかけた夢が、この場所にあることに気づくのだった。
一方、真琴(広末涼子)は、勝(マイク眞木)が、まだ母親と自分を会わせようとしていることを知ってショックを受ける。「ここにいたいという気持ちをなぜ分かってくれないのか」と春子(稲森いずみ)に訴える真琴。だけど、子供に会いたいと思うのは母親なら当然のことという春子。そういう彼女もまた、一人の子供の母親だった・・・。

 

引用:ドラマ【ビーチボーイズ】公式サイト

5話 やって来た渚のライバル

民宿“ダイヤモンド・ヘッド”での、広海(反町隆史)と海都(竹野内豊)の住み込みバイト生活は明るく元気に展開している。
ある日のこと、春子(稲森いずみ)が一人の酔っぱらった男を案内しにやってきた。男の顔をみるなりとっさに反応する広海。「清水!」実はこの男(山本太郎)、広海が行けなかった五輪に、広海の代わりに行ったと言われ続けている元五輪代表選手だった。しかし、いつまでも桜井広海の代わりと言われ続けることが嫌で、広海と決着をつけるために、わざわざここへやって来たのだ。小さな海辺の町に、この噂はまたたく間に広まった。ケガのためにオリンピックを断念した広海に対する好奇の目と、清水との対決の日。しかし広海は、自分にそんな気持ちはないという。そして、海都らの前で、数年前選考レースリタイアの“本当の理由”をはじめて打ち明けるのだった。

 

引用:ドラマ【ビーチボーイズ】公式サイト

6話 それは花火で始まった

一年に一度、みんなが待ちわびた花火大会の日が近づいてきた。広海(反町隆史)と海都(竹野内豊)は、ここに来て初めて迎える大イベントだ。海都は、東京から桜(秋本祐希)と、その友達を呼ぶが、結局来たのは友人達だけだった。桜は、楽しい時を過ごしても、一緒に帰れない淋しさを思うと、どうしても来ることができなかったのだという。自分ひとりで決めて、ここに来たことが桜を不安にさせていたと気づく海都。
一方、春子(稲森いずみ)は、今年も民宿の手伝いで、友達と花火大会に行けない真琴のことを思っていた。「女の子なら、浴衣着て、彼氏と一緒に行きたいよね」という裕子(佐藤仁美)の言葉を聞いてハッとしたのだ。真琴は、「いらない」と言ったけど、彼女のために自分の浴衣を仕立て直し始める春子。そして、いよいよ待ちに待った花火大会当日がやって来た・・・。

 

引用:ドラマ【ビーチボーイズ】公式サイト

7話 海がくれた勇気

盛夏!忙しくなった“ダイヤモンド・ヘッド”と海の店「渚2号」を一人できりもり、キリキリ舞いの真琴(広末涼子)。頼りにならない広海(反町隆史)と海都(竹野内豊)に怒り爆発寸前。しかし、勝(マイク眞木)が連れてきた客を見て、いっぺんに機嫌が直った。菊田美智恵(浅茅陽子)は一年に一度、決まった日に必ずここを訪れる常連客だった。広海、海都はわけもわからないままに、美智恵に仕切られて働かされる。さらには客としてやってきた桜(秋本祐希)までもが・・・。「一体何者?」広海と海都が疑問を持ち続け、真琴さえよく知らない美智恵の事情は、ある出来事から明かされることに。海に落ちた帽子を、ただ凍ったように見つめるだけで取りに行けない美智恵。それはまるで海を怖がってもいるようで・・・。海に来ながら海を怖がる客。勝は美智恵の忘れられない過去の話を語り始めた。

 

引用:ドラマ【ビーチボーイズ】公式サイト

8話 彼らとともに夏が去る

長かった夏休みもあと1週間で終わる。広海(反町隆史)と海都(竹野内豊)も夏の終わりをそれぞれに感じはじめているようだった。真琴(広末涼子)は、夏が終われば二人がいなくなってしまうのでは・・・と不安で仕方ない。そんな時、試験勉強を海都に見てもらうために、佑介(川岡大次郎)が“ダイヤモンド・ヘッド”にやってきた。広海は佑介のために夜食をふるまうが・・・。以前落ち込んでいた自分に声をかけてくれた広海に「あなたとは違う、僕には将来がある」なんてひどいことを言ってしまった佑介は、何だかバツが悪い。海都は「あいつは気にしていないよ」と佑介をなだめる。将来を不安に思う気持ちは誰にでもあることを広海は知っているからだと・・・。そして、無事試験も終わり、同時に夏休みも終ろうとする8月31日。広海、海都の号令で夏休み最後の思い出づくりが行われることになったが・・・。

 

引用:ドラマ【ビーチボーイズ】公式サイト

9話 この想い、君に届けたい

夏休みも終わり、二学期がスタートした。真琴(広末涼子)は、高校生活へ戻り、広海(反町隆史)と海都(竹野内豊)は、まだしばらくは“ダイヤモンド・ヘッド”の従業員としてここにいるらしい。ある日のこと、春子(稲森いずみ)の元に、一通の手紙が届いた。しかし、それは待ちわびていた息子・春樹(大高力也)からではなく、その父、つまり春子を捨てた吉永一樹(入江雅人)からのものだった。仕事の都合でシンガポール行きが決まり、その前に一度、春子を会わせるために“ダイヤモンド・ヘッド”に来るという。一日だけ“お父さんの知り合い”ということで春樹と過ごすことになる春子。でも、広海と真琴は、母と名乗れない春子の立場は、かわいそうだといい、それは春子が決めることという海都と口論になってしまう。これを見て春子は「どんな時にも、私は母親としてあの子が一番いいと思うことをしてやりたい」と言うのだが・・・。いつまた会えるのか、この日のことを覚えていてくれるのかもわからない我が子のことを思うと、寂しさは隠せない。そこで、広海と海都は、春子と春樹のために、壮大な思い出をつくってあげえようと思いつく。

 

引用:ドラマ【ビーチボーイズ】公式サイト

10話 彼らの夏が終わるとき

夏も終わり、秋の気配もし始めたビーチ。盛況だった渚2号も今日を限りの店じまいとなった。広海(反町隆史)も海都(竹野内豊)も春子(稲森いずみ)も寂しさは隠せない。勝(マイク眞木)は、すっかり店じまいを終えた広海、海都をテントと食料持参であるところへ連れ出す。それは、海を見おろせる小高い丘で、勝にとっての大切な場所だった。滅多に人を連れてこないこの秘密基地に二人を招き、今夜は男だけで語り明かそうというのだ。その頃、真琴(広末涼子)は、置いてけぼりにされた事に怒り、進路相談のことで悩んでいた。親と一緒の三者面談、春子は、東京にいる慶子(田中好子)に来てもらえば良いと言う。春子の一言に後押しされた真琴は、慶子に電話して、一緒に面談に臨むことになった。そうとは知らない勝は“ダイヤモンド・ヘッド”に戻り、慶子の姿を見て驚く。それが真琴の決めたことと知り、複雑な思いに・・・。

引用:ドラマ【ビーチボーイズ】公式サイト

11話 海への想い、永遠の別れ

「ここは俺の海だ。お前たちの海は別にあるはずだ」
秋の気配がただよう海を見つめながら勝(マイク眞木)は広海(反町隆史)と海都(竹野内豊)に言った。「そろそろ、そんな時期かもしれない・・・」と思う二人。翌日、勝は、周囲を驚かす行動に出た。忘れていた波乗りをもう一度やってみるというのだ。特注のスーツ。使い慣れたロングボード。用意は周到!のはずだったが、久しぶりに海に入った勝の心身が、既に海に対抗できないものになっていた。「波乗りしたくて、ここに来た。民宿やるためじゃなかった。」何かを求めてこの海にたどり着いた広海と海都を見て、自分にとって一番大切なものを取り戻してみようとする勝。もう一度、必ずあの海に乗って見せる!勝の再チャレンジのための特訓が始まった。

 

引用:ドラマ【ビーチボーイズ】公式サイト

最終話 さよなら夏の日・・・

主をなくした“ダイヤモンド・ヘッド”に「CLOSED」の札がかけられた。広海(反町隆史)と海都(竹野内豊)は、勝との思い出を語りながら、いよいよ自分たちの海を探す時がきたことに気づく。真琴(広末涼子)は、ここにいられなくなることや、二人との別れが近づいた事を思うと、寂しくて仕方がない。そんな時、春子が、“ダイヤモンド・ヘッド”を任せてほしいと、慶子に言ってきた。息子がいつか、ここに戻ってくる日のために、ここはつぶせないというのだ。残される事になった“ダイヤモンド・ヘッド”。「でも、俺達は、いつまでもここには残れない・・・。」
広海と海都は、別れの時を迎えようとしていた。

 

引用:ドラマ【ビーチボーイズ】公式サイト

FODプレミアムの内容確認や無料登録ができます。

FODプレミアム

 

初回登録は2週間の無料トライアル付き。

期間中に解約すれば課金はされません。

 

登録と解約の手順はコチラの記事を参考にどうぞ。

関連記事:FODプレミアム登録&解約のカンタンな方法

ドラマ【ビーチボーイズ】を観たミンナの感想(ネタバレあり)

 

20代男性

夏になると、必ずと言ってもいいくらい放送され、もう何度目?というくらい再放送されているので、世代でない僕でも知っているドラマです。そんな僕でも言えるのが、フジテレビは数々のドラマを世に出していますが、いまだにこれ以上の出来の夏ドラマを作れていないということです。キャストが豪華なことはありますが。反町に、竹之内、広末、稲森、そしてマイク真木といったネームバリュー。これだけそろっていると人気が出るのも頷けます。ドラマの中ではキャスト一人一人の人生を描いていますが、広末の母親役で出演された田中好子さん。ドラマを見ていると必ず誰かの生き方に共鳴してしまうはずです。自分の人生や生き方に悩んだり、これからどうしよう?なんて迷っているときにこそ、無性に見たくなる不朽の名作と言えるでしょう。撮影された時代が時代だけに、今あるテンポ感ではなくスローな気もするのですが、その分各登場人物がしっかりと描き込まれています。当時はまだ携帯電話もメールも普及していなかったせいか、ドラマに出てきませんが、令和になった今でも普通に見ることができます。それゆえに何度も再放送され、そのたびに人々の心をさらっているのでしょう。ちなみにDVD化もされていて、その人気ぶりがうかがえます。

30代男性

このドラマこそまさに反町隆史がブレイクしたきっかけとも言える作品ですよね。数多くのドラマに出演した反町隆史ですが、このドラマが代表作とも言えるのではないでしょうか。また、共演した竹野内豊もこの作品をきっかけに大ブレークしたと思います。今から考えれば、この2人が共演している時点でかなり贅沢な作品となっていますよね。当時は、世の中の女性がどちらを好きか、それで話題は持ち切りでした。それぞれタイプがあるものの、反町隆史が僅差で人気があったように記憶しています。そんな世間の風潮から世の中の男性もこぞって、どちらかを真似してファッションや、髪型を変えていたような気がします。それくらい世間に影響を及ぼしたドラマ、それくらい面白く、人々の心に残ったドラマだったと思います。私は、どちらが好きというのはありませんでしたが、本当にどちらともかっこよかったです。再放送で視聴していると当時の思い出がふつふつと思い出されるので、それくらい楽しんで見ていたのだと思います。なんにせよ、稲森いずみが綺麗だったなあ~~~!!!

40代男性

まず、これを見ると、誰でも夏!海!海に行きたい!!となってしまう夏定番のキラキラドラマです。夏になるとこれが無性に見たくなる。そんな依存性を持った作品です。まず主役の2人ですよね。反町隆史と竹野内豊。この2人がどうにもこうにもかっこよすぎるんですよね。この2人のイケメンぶりに癒されようとチャンネルを合わしていた奥様方も当時は多かったと聞きました。なんでシャツとジーンズだけでこんなに色気があるのか。こんな20代今時いますか!??!なんて質問したくなるほどに、2人の立ち姿は、まぶしく、まさに直視できないと言ったところでした。今でも大物女優として活躍されていますが、その当時も、人気絶頂だったフレッシュな広末涼子と初々しい演技を繰り広げています。まさに甲乙つけがたい。というか一般人には選べないくらいのイケメン2人と暑い夏の日を過ごしてみたいと思います。疑似体験にも似た気持ちを抱きながら楽しめるそんなドラマでした。このドラマの主題歌も反町隆史が歌っているのですが、声がなんとも渋くて、一度聴いたらやめられない。そんな歌声でとてもおすすめです。

20代女性

このドラマ今になって思ってみると、反町と竹野内がW主演している時点で、すごく豪華だなと思いました。そこに加えてヒロイン役として登場する広末もいて、更に見ごたえのある作品となっているのが、よくわかります。今放送されているドラマでは、まったく考えられないような役者の使い方で、当時のドラマ制作がどんなのだったか、想像以上のものだったと思います。このドラマは夏によく再放送されていますが、まさにthe 夏といった作品で、毎年夏を感じると、このドラマが猛烈に見たくなってしまいます。スマホも登場しないため年代もちょっと古めの設定かなと思いますが、そんなこと関係ないくらいの中毒性があり20代の自分でも心から楽しめる作品となってます。今だと、あまりビーチ・ボーイズのような夏を代表するドラマというのはなかなかないというのも要因の一つになっているかもしれません。イケメン二人と美女が織り成す夏ドラマ。これほどまでに海に行きたいと思わせてくれるドラマ、他にありません。民宿ダイヤモンドヘッドに憧れてしまいます。それくらい夏や海を象徴したドラマです。また夏が来れば鑑賞します。

30代女性

当時ずっとハマってドラマを見ていたことを覚えています。もう、あの頃の反町隆史と竹野内豊の贅沢なコンビは最高で最強だったと思います。今でもイケメンなお二人ですが、当時はさらに若さというものが加わって、最高で最強だったと思います。お二人がキラキラ輝いてまぶしく、画面を直視できないこともありました。日に焼けた黒い肌に白い歯って無敵です。私もできることなら広末涼子のポジションでダイヤモンドヘッドに住んで二人のイケメンに挟まれたかったと思うくらい。あれほどまでに、海と、夏が、似合うイケメンは今後いないと思います。後にも先にも反町隆史と竹野内豊だけです。演じたのがこの二人だったからこそ、このドラマは成功したし、ヒットしたのだと思います。今でも二人を見るとビーチボーイズを思い出すくらいには、印象深い作品となっています。私は海の家のことはあまり、馴染みがないタイプですが、それでもあのロケーションに憧れてしまいます。とにかく反町さんのチャラさ加減が絶妙でなんとも言えません。今俳優として活躍している若手のジャニーズの子なんかではロン毛であのかっこよさ、若いのに渋いといった感じは絶対出せないだろうな、と思ってしまいます。それゆえに、後世に残しておきたいドラマです。女優の稲森いずみも今と変わらずとてもキレイで、出てくる人全てがスゴイ大好きだったドラマです。また是非再放送してほいなあ。また夏までお預けですね。

40代女性

夏を代表する名作ドラマといえばこれしかないです。「ビーチボーイズ」ですよね。今じゃ超豪華な俳優の組み合わせで、反町と竹野内豊を海辺で共演させるのだから視聴率なんてうなぎ上りなのわかりますよね。もうビジュアルからして二人してかっこいいのに、それだけじゃなく、内容もよくてドラマを見る価値はかなりあると思います。かっこいい二人が出演しているのに、なのに内容はラブストーリーメインでおしてきていなくて、そこがゴイゴイこられる感じじゃなくてすごく好きでした。心に傷を負った二人がそれぞれの生き方をお互いを通して見つけていく、そんな人生における踏ん張りを見せつけられたドラマでもありました。性格も正反対だった二人がお互いの考え方を徐々に受け入れていくゆに歩み寄っていく、そんな思いやりのある姿がドラマを見ている中で印象的でした。もう今となっては、大人の女性で、女優業ばりばりの広末涼子もめちゃくちゃ幼かたですが、幼いながらにもオーラは健在で、今見返すと、幼さがまたいいアクセントになっているなと感じました。人生悩むことだってたくさんあると思います。そんなとき、大人だってちょっと一休みと立ち止まってもいいんだと心に余裕ができる、そんなドラマだったと思います。W主演の2人の生き方を見ていると、そんなに思いつめずに楽に生きてもいいじゃないか・・・と思わせてくれる夏のドラマです。今、40代になったお二人の新たなビーチボーイズが見たいです。

20代女性

このドラマとにかく若いころの反町がカッコいい~ということです。日に焼けた肌に白い歯、もう男の中の男と言っても過言ではありません。この反町の役柄から容姿、すべてにおいて、海が似合いますね。こんなに海になじむ男そうそういません。また、反町もさることながら、竹野内がいるんですよね。またまた若いころの竹野内は、それはもうフレッシュで今と変わらぬかっこよさを兼ね備えていて、世の女性がどちらがタイプと話して盛り上がっていたのがよく分かる組み合わせです。今じゃありえないような組み合わせで、でも現代版ビーチボーイズも見てみたいな、おじさんになったけど、今は今でよさがあるよねと思ってしまいます。イケメンって無敵だなって感じます。そんな容姿抜群の蓋二人が繰り広げる男の熱い友情が女性である私にもヒシヒシと伝わってくるんですよね。いい意味で男臭くて、ちょっと男の人に憧れてしまいました。ダイヤモンドヘッドに行くと、こんなイケメンいるのかなぁ~なんて妄想もしてしまいます。

40代男性

まずこの作品のすばらしさを知ってもらうためにも、今の若い10代の子たちに見てもらいたい。そして、私世代(40代)で社会の中堅にいる人たちにも見てもらいたい。あとは私の親世代(70代)にもぜひぜひ見てもらいたい、そんなオススメしまくれる作品です!おそらく、自分がいくつか、見る年齢によってドラマに対する感情が変わってくるのではと思うのです。10代なら10代なりの。40代、70代ならこんな感じの、と。それくらい幅広い年代に親しまれるドラマだと思います。そんな40代の私が今回、ビーチボーイズを見て感じた事は『夏、いいな』なんて単純なことだけではなく、自分の人生に悔いなく生きていきたい、という人生の教訓にも似た事でした。自分にとっては、家族、友達はもちろん大事ではありますが、このドラマを見ると、もっと自分も大切にして生きていってもいいのかと思い知らされるのです。自分を大切にするって本当は一番見落としがちなことなのかもしれません。このドラマは間違いなく、私の人生の教訓となる作品でした。

30代男性

彼女に振られてしまい行き場を失っている反町と、エリートコースから外れてしまいどん底に落ちた竹野内のW主演で描かれる本作。性格も正反対でどっちかというと、反町に竹野内が振り回されているような感じの関係性。最初はチャラチャラしている反町に、反感さえ抱いていたはずなのに、実は心に傷を負っていたんだと分かると、竹野内は徐々に反町を受け入れていこうとするんですよね。そんなの、かっこいいに決まっています。反町が心の傷をさらけ出せた瞬間、竹野内もエリートだった自分を脱ぎ捨てようとします。その時に本当の男の友情を感じられ、見ている側もこんな友情いいなぁと思わされました。ドラマで民宿の娘として演じている、広末は妹分としてうまく兄達に混じり、一緒に生活をしていたけれど、そんなのドラマを見た一般女性たちは、あんなイケメン達に囲まれて海辺の家でのんびり暮らせて羨ましい!と思ったのではないでしょうか。だって、私も女だったらそんな家で暮らしたいに決まっている。それくらい反町と竹野内の二大イケメンの魅力は大きかった。

 

20代男性

ドラマ「GTO」を見ていて反町隆史さんという俳優にとても興味を持ったことがこのドラマを視聴したきっかけです。このドラマをリアルタイムでは見ていないので、再放送で見たのですが、これこそ正に反町隆史という感じの作品でした。若さはもちろん、このドラマでは彼のいいところが、これでもかってくらいに詰め込まれていました。GTOとも同じくかっこよくて、若いころのフレッシュさがなんとも言えない、そんな感じでした。ドラマの内容もとても面白かったなぁと思います。一言で言えば、若い反町隆史が醸し出すチャラさがなんとも言えない、そんな感じでした。やっぱり反町隆史だからこそあのチャラいキャラクターは批判を受けないのだと思います。それに演じている姿が自然体で、嫌みがないことがファンを多く獲得した理由でもあると思います。これほどまでに青春を感じさせるザ・夏ストーリーという設定で、共演している竹野内豊さんや稲森いずみさんなども、今思えばかなり豪華な配役だなぁと思いました。そして今見ていると稲森いずみさんの芸風が今とはずいぶん違う感じだと思いました。またこうやって新しく気になる女優さんができるのも過去のドラマを見る醍醐味だなと感じます。次はきっと稲森いずみさんの過去作品をあさることとなりそうです。

FODプレミアムの内容確認や無料登録ができます。

 

 

FODプレミアム

 

初回登録は2週間の無料トライアル付き。

期間中に解約すれば課金はされません。

 

登録と解約の手順はコチラの記事を参考にどうぞ。

関連記事:FODプレミアム登録&解約のカンタンな方法

「紹介している作品は、2021年1月時点の情報です。 現在は配信終了している場合もありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です